広告

LaowaがPROTEUS 45mm T2 2x アナモフィックレンズを発表

新しく発表されたLaowa PROTEUS 45mmシネレンズは、Venus Opticsの2xアナモフィックシリーズの最初の1本。将来的には、35mm、60mm、85mmのPROTEUS 2xアナモフィックレンズが、すべてT2で同様のサイズと重量で発売される予定だ。45mmレンズは、Super35イメージセンサーをカバーし、ユーザー交換可能なEFとPLレンズマウントが付属しており、2022年末から2023年初頭までに発売される予定。価格はまだ不明。

東京で開催されたInter BEEのビデオでは、Laowaの新しいアナモフィックシネレンズについてVenus Opticsの李氏にインタビューを行った。従来、Venus Opticsは球面レンズのみに注力していたが、今年、は非常にコンパクトな1.5倍のアナモフィックプライムのシリーズであるNanomorphシリーズでアナモフィックに参入した。

日本のInter BEE 2022で、Laowaは別のアナモフィックレンズを入手し、今回は「本当の」2倍スクィーズを実現している。

Laowa PROTEUS 45mm T2 2xアナモルフィックレンズ

Laowa PROTEUS 45mm T2 2x anamorphic lens. Image credit: CineD

2年の歳月をかけて開発されたLaowa PROTEUS 45mmレンズは、Laowaの唯一の2xアナモフィックレンズになるわけではない。実際、このレンズは全ラインの始まりに過ぎない。Venus Opticsの李氏によると、今後さらに35mm T2、60mm T2、85mm T2の3つのレンズが登場する予定。どのレンズも同じような大きさで、重さは約2.3kg。また、前玉径114mmは全シリーズを通して維持される。

このレンズは、フランジ焦点距離の長い一眼レフレンズマウント用に設計されており、EFとPLレンズマウントが付属する。このマウントはユーザーによる交換が可能だ。EFとPL(そして完全マニュアル)であることから、このレンズは簡単なレンズアダプターを通して、最新のミラーレスカメラにも適応することができる。

Laowa PROTEUS 45mm T2 2x anamorphic lens. Image credit: CineD

フレアカラーはブルー、オレンジ、シルバーの3種類が用意されている。李氏は、それぞれの色が異なるシナリオによりフィットするため、異なるフレアを利用できることが重要であると述べている。

シネレンズとして、PROTEUS 45mmは2つのギアリング(フォーカス用とアイリス調整用)を備えている。レンズ本体はフルメタルで頑丈そうに見える。また、バックフォーカス調整用の非ギア式リングが3つある。ヴィーナスオプティクスは、バックフォーカスの調整を容易にするために、これまでのアナモフィックレンズのユーザーからのフィードバックに基づいて、3つ目のリングを搭載した。

Laowa PROTEUS – back focus adjustment ring. Image credit: CineD

Laowa PROTEUSはSuper35mmセンサーをカバーしているが、Li氏によるとイメージサークルが若干大きいので、センサー高22mmまでのフルフレームセンサーでも使用できるそうだ。

価格と発売時期

Laowa PROTEUS 45mm T2 2xアナモフィックレンズは、2022年末、または2023年の初めに発売される予定。価格はまだ確定していない。しかし、Venus Opticsは、できるだけ手頃な価格を維持することを目指しており、レンタルハウスの価格設定領域ではなく、オーナーオペレータの領域を予定している。このレンズはプロフェッショナル向けで、2倍のアナモフィックなので、例えばLaowa Nanomorphシリーズよりも価格が高くなると考えられる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手