広告

MASVが10Gbpsの動画転送性能を実現するファイル配信サービスを発売

MASVが10Gbpsの動画転送性能を実現するファイル配信サービスを発売

従量課金制のファイル配信サービスMASVは、このほどシステムを10Gbpsの転送速度に最適化し、世界最速の動画転送サービスの1つとなった。インターネット上で大量の映像を送る必要があることが多いユーザーは、このアップデートにより、ファイルを最高速度で転送できるようになる。

MASV(マッシブ)とは、転送量に制限のないファイル配信サービスで、複数テラバイトのデータを同時に送信することができる。また、すべての転送は、転送中に完全に暗号化され、ローカルまたはAmazon S3、Backblaze、Wasabi、Dropboxなど、任意のクラウドストレージにファイルを配信することができる。

ただし、MASVは従量課金制を採用している。1ギガバイトを送るごとに0.25ドル、つまり1テラバイトで250ドルとなる。1回の配信は10日間だが、1GBあたり0.10ドル/月で保存期間を延長することができる。つまり、これは映像を送るための最も安価な選択肢ではないが、市場で最も高い転送速度と信頼性を持っているということだ。

同社は今回さらに一歩踏み込んで、最も要求の厳しい顧客のために10Gbpsのインターネット最適化を開始した。

MASVの10Gbpsパフォーマンス

長年にわたり、光ファイバーによるインターネット接続は徐々に新しい標準になりつつある。実際、ほとんどの国で、アップロード/ダウンロードが1Gbpsのインターネット接続にアクセスすることは、もはや珍しいことではない。また、コンテンツ制作者や映像制作者は、1GbpsのNASストレージから10GbpsのNASストレージに切り替えつつある。パンデミックによって、自宅や世界のどこでも仕事ができることが生活の一部となり、ニーズの高まりとともにツールも進化を続けている。

カナダのMASV社は、アップロードやダウンロードの速度に妥協しないことで、ハイエンド映画業界で高い評価を得ている。2020年にはDesktop App 2.0をリリースし、コンテンツ制作のスピードアップを図っている。そして今回、さらに一歩踏み込んだ10Gbpsの最適化を行った。以下は、同社の発表内容。

10Gbpsのパフォーマンスにより、MASVはクラウドでの映像制作に新たな環境を切り開きます。多くのクラウドサービスは、フリーミアムビジネスモデルを収益化するために、低コスト、低パフォーマンスのインフラで開発されてきました。MASVはメディアのプロフェッショナルに焦点を当て、アプリからAPIまであらゆる方法でスピードと信頼性を最適化し、世界最高性能のクラウド転送プラットフォームを構築しました。

MASV社 最高技術責任者 Majed Alhajry氏

UDPベンダーがついた最大の嘘は、TCPは速くなれないというものでした。映像制作のクラウド化が進む中、ブラウザフレンドリーなコンテンツ交換は非常に重要です。MASVは、これまでエンタープライズITの領域であったペタバイト級の動画を誰でも安全にクラウドで、より速く、より良く、より安く転送できます。

MASVのCEO Greg Wood氏

MASVは、世界で初めて10Gbpsの性能を発表したクラウド転送サービスだ。つまり、一言で言えば、転送速度の限界は今やインターネット回線であって、アップロードするクラウドサービスではない。

価格と発売時期

MASVの10Gbpsアップデートは、すでにすべてのユーザーに提供されており、価格差はない。すでに述べたように、MASVは送信するたびに$0.25/GBの費用がかかり、10日以上ファイルにアクセスできる状態を維持したい場合は、$0.10/GB/月が追加でかかる。

詳しくは、MASVのホームページをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手