MotoCraneがRADICALとHYPERを発表

MotoCraneがRADICALとHYPERを発表

ロシアンアームを使ってみたいと思っている映像クリエーターは多いが、それを買える人は限られている。2017年に最初のユニバーサルな自動車用カメラクレーン(記事はこちら)をスタートさせたMotoCraneは、「HYPER」と「RADICAL」の2つの新しいモデルをリリースした。

2017年に登場した前身の「ULTRA」についての記事はこちら。当時の大きなニュースは、この車載用カメラクレーンがユニバーサルで、ほとんどの乗用車に装着できることだった。また、4万ドルというのは決して小さな金額ではないが、他のシステムと比較しても比較的手頃な価格であることがわかる。

MotoCraneは、2つの異なる市場に向けた2つのモデルを発表した。手ごろな価格で持ち運び可能なユニバーサルな車載用カメラクレーンの「RADICAL」と、半永久的な設置が可能でより高い性能を持つ重量級の「HYPER」だ。

「RADICAL」が16kgまでの可搬重量に対応しているのに対し、「HYPER」は54kgまでの可搬重量に対応している。

The MotoCrane RADICAL mounted on an ATV. Credit. MotoCrane

MotoCrane RADICAL

ULTRAクレーンには、専用のACROジンバルヘッドが搭載されていた。今回のMotoCrane RADICALは、MoVi ProやNewton S2、DJI Ronin 2など、既存のジンバルに幅広く対応している。 ShotOver G1や ARRI SRH-3、より重量のあるRonin 2を使用する場合は、アップグレードキット「HEAVYLIFT」を追加で使用することをお勧めする。

RADICALは、145kmh以上の速度であれば、12フィートのアームを6秒以内に360°スイングすることができる。

また、すべてのパーツはハードケースに収納でき、1ケースあたりの重量は31Kg以下。これにより、国際的な撮影でも、ロケ地でアームをレンタルしたり、最悪の場合、カメラカーを丸ごと輸送したりする必要がない。

RADICALはULTRAと同様に、標準の1-1/2″スピードレールクランプとオプションのMotoCrane SSG Kit(Speedrail Suction Grid)を使用して、様々な車に取り付けることができる。

The MotoCrane HYPER in action. Credit: MotoCrane

MotoCrane HYPER

一方、HYPERはポータブルではないが、非常に有能なものだ。耐荷重を54Kgに引き上げ、業界標準のミッチェルマウントを使用することで、MoVI XL、Shotover F1、Libra Head、GSSジンバルなどのスタビライズドヘッドの取り付けが可能になった。

2つの48V 22AhパワーバンクとカウンターウェイトとしてのCORTEXモーターコントローラーユニットにより、スイング軸は最大4000ft-lbs(メートル法では5423ニュートンメートル)のトルクを発生し、4.2mのアームをフルペイロードで5.5秒以内にスイングさせることができる。

The counterweight of the HYPER. Credit: MotoCrane

POWERLINKは、車内に設置する電源、データ、ビデオのハブ。SDIと電源はHYPERを経由してカメラリグに送られるので、ケーブルの追加やアームスイング時の絡まりを避けることができる。

RADICALほどの機動性はないので、半永久的に車に取り付けておく必要があるが、ヘビーデューティーなセットアップには必要だ。

新たにアップデートされた「INS 2 アドバンスドスタビライゼーション」は、リフト軸の不整地補正を向上させる。これはHYPERパッケージに含まれており、RADICALではオプション。

どちらのシステムもIP65に対応しており、様々な気象条件に対応できるように作られている。

The COMMAND Console PRO is an advanced controller for both systems. Credit: MotoCrane

COMMAND Console LITEとPRO

「RADICAL」と「HYPER」には、システムの制御、設定、モニタリングを行うための2つの新しいコントロールユニットが用意されている。

「COMMAND Console LITE」は、「RADICAL」に同梱されているもので、スイング軸とリフト軸を操作するためのコンパクトなシングルジョイスティックコントローラだ。

一方、COMMAND Console PROは、2本のジョイスティックで操作する大型のコントローラーで、中央には7.0インチのタッチスクリーンディスプレイが搭載されており、より精密で高度な操作を目指している。6061アルミニウムのシングルビレットから加工され、MotoCraneの社内でデザインされている。HYPERパッケージに含まれており、RADICALにはオプションで用意されている。

Both the RADICAL and the HYPER are quite capable models. Credit: MotoCrane

価格と発売時期

RADICALの価格は22,950ドルからだが、すべてのオプション部品を追加すると、かなり高価になる。運転には48Vの電源が必要で、MotoCrane公式のUPC(3,860ドル)、MotoBatt、または4×12Vのバッテリーを使ったDIYソリューションのいずれかが必要となる。また、公式のリギングソリューション(1,945ドル)の代わりに、DIYでリグを作ったり、トラッキングカーを改造して使用することもできる。

HYPERは140,390ドルだが、完全なパッケージが含まれている。ただ、HYPERを装着するためには、車を改造する必要がある。

なおMotoCrane ULTRAのユーザーは、両モデルともに11%の割引となる。

今なら50%のデポジットで予約ができ、両システムとも2021年9月に出荷が開始される。

MotoCraneのサイトはこちら

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience