MovoがWebMic HD Proを発売

MovoがWebMic HD Proを発売

MovoはウェブカムをグレードアップするオールインワンのWebMic Proを発売した。

昨年パンデミックが発生したとき、筆者はZoom callのグレードアップを考えた。筆者は映像クリエーターで、映像制作を仕事にしているのだから、自分の顔もきれいに映せるようにしたかった。

ノートパソコンには、ビデオ会議に必要なツールがすべて内蔵されているが、デスクトップユーザーの筆者にはそのような環境が無い。筆者はプロ用のポッドキャスティング用マイクを使っているが、これは手元にあったからだ。筆者がウェブカムを探し始めたときには、すでに多くの人がウェブカムを探していた。ウェブカムは完全に売り切れていた。結果として、筆者のウェブカメラはUSBで接続されたiPhoneであり、マジックアームでモニターの上に設置されている。

バグをすべて解消して快適になったので、筆者はこのセットアップを気に入っている。しかし、これらの機器をすべて1つのユニットにまとめることができたら便利だろう。Movoはまさにそれを目指している。

Image Credit: Movo

主な特徴

Movo WebMicのラインアップには、機能が異なる複数のモデルがあるが、最上位機種であるWebMic HD ProとWebMic 4K Proは、カメラ、マイク、ライトを1つのパッケージに収めている。つまり、USBケーブルが絡まることが少ないということだ。

Movo WebMicに搭載されているマイクは、音の焦点を合わせるために指向性ピックアップパターンを採用しているほか、コントロールも可能だ。ゲインコントロール調整ノブ、遅延のないダイレクトなモニタリングのためのヘッドフォンオーディオジャック、そして常にコントロールできるようにするための物理的なミュートボタンを備えている。カメラは、モデルによって、1080/30fpsまたは4K/30fpsでの出力が可能だ。4Kモデルでは、1080/60fpsにステップアップすることも可能。また、内蔵されているLEDリングライトは、3段階の明るさ設定が可能で、簡単に切り替えることができる。下のリンクで、MovoのYouTubeチャンネルから各機能のサンプルを見ることができる。

Image Credit: Movo

問題点

すべてのKickstarter製品と同様に、いくつか注意すべき点がある。報告しなければならないのは、公表されているのは生産前のサンプルであること。これらのサンプルは、最終製品と全く同じであるかは分からない。キックスターターのコメント欄に寄せられた支援者の声によると、4Kモデルではオーバーシャープネスによるアーティファクトの問題があり、一部のサンプルでは歯擦音の問題(「S」の音がうるさいと表現される)が指摘されている。Movo社は、これらの問題に対処しており、「当社の4Kモデルは、まだいくつかの問題を残しています」と述べている。

価格と発売時期

当初は2021年6月の出荷を予定していたが、今回のアップデートでMovo社は「WebMic、WebMic HD、WebMic HD Proをご購入いただいたお客様には、7月15日に注文受付を開始し、8月15日までにすべての注文を履行することを検討しています」と述べている。4K WebMicを購入したユーザーも、同様のスケジュールで発送される。Movo WebMicの価格は169ドルで、スタンド、クランプ、USBケーブルが付属している。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience