MSIがCreator 15 クリエーターノートパソコンを発表

2020.9.4
MSIがCreator 15 クリエーターノートパソコンを発表

MSIは、Creator 15ノートパソコンを発表した。第10世代Intel Core i7-10875HプロセッサとNVIDIA GeForce RTX GPUを搭載する。またフルHDタッチスクリーンディスプレイ(Creator初のタッチスクリーン)または4Kディスプレイのいずれかを選択できる。1,599ドルから予約注文が可能。

デスクトップパソコンは優れた編集環境を持つが、外出先での作業が必要な場合は、高性能なノートパソコンが不可欠。macユーザーなら、MacBook Pro一択だが、Windowsユーザーの場合は色々と迷うことになる。

たとえば、デルは2020年5月にクリエイター向けの新しいフラッグシップノートXPS 15および17を発表した

MSI Creator 15

MSIは、このノートパソコンをクリエイター(映像クリエーター、フォトグラファー、グラフィックデザイナーなど)に向けとしているため、この名が付いている。もちろん、その仕様もそれに沿ったものだ。 CPUは第10世代Intel Core i7-10875Hシリーズプロセッサ(8コア、最大5.1 GHz)を搭載している。

GPUは構成に応じて、GeForce GTX 1660Tiか​​らGeForce RTX 2080 SUPER Max-Qまで選択できる。もちろん、RTX 2060およびRTX 2070も選択できる。

マザーボードには、2つのDDR4-3200メモリスロットを備えたHM470チップセットがある。 16GBまたは32GBのメモリを搭載した構成から、最大64GBを装備することが可能。ストレージは2つのM.2 SSDスロットを提供する。

MSI Creator 15 Laptop Announced. Source: MSI

Creator 15のディスプレイは、Delta-E <2の色精度と正確なカラー表示のための同社のTrue Colorテクノロジーが採用されている。 MSIによると、ディスプレイはCalmanによって検証され、最高の表示パフォーマンスが保証される。ディスプレイは、以下の3種類が選択できる。

  • 15.6インチ4K UHD(3840×2160)、100%Adobe RGB色域、薄型ベゼルディスプレイ
  • 15.6インチフルHD(1920×1080)タッチスクリーン、100%sRGBに近い、IPSレベルの薄型ベゼルディスプレイ
  • 15.6インチフルHD(1920×1080)、ほぼ100%sRGB、IPSレベルの薄型ベゼルディスプレイ

特徴的なのは99.9 Whバッテリー。 MSIは、最大9時間の動作時間が可能と述べている。また、Thunderbolt 3ポートから充電できる。

MSI Creator 15 Laptop Announced. Source: MSI

その他のコネクタには、USB Type-A(x1)とUSB Type-C(x1 USB3.2 Gen2)、HDMI(4K @ 60Hz)ポート(x1)、RJ45 LANポート、およびMIC入力/ヘッドフォン出力コンボジャックがある。画面の上に顔認識機能を備えたHDウェブカメラもある。さらに、指紋ログイン、ガラスのタッチパッド、デュアルスピーカー、フルサイズのSDカードリーダーも搭載されている。

ノートパソコンの冷却に関しては各メーカー独自の工夫を凝らしている。例えばDellはXPS 17のベーパーチャンバーを選択した。MSIは、Creator 15で、0.1mmファンブレードを備えたMSI独自のCooler Boostテクノロジーを採用、空気の流れを最大化し、CPUパフォーマンスを向上させている。

MSI Creator 15 Laptop Announced. Source: MSI

筐体は頑丈なアルミニウムシャーシとサンドブラスト処理されたカーボングレー仕上げとなっている。寸法は358.3×248×18.3-19.8mmで、重量は2.1 kg。180°の平らなヒンジ設計とフリップアンドシェア機能も備わっている。

価格と発売時期

MSI Creator 15は現在予約注文可能。上記のように、価格は基本構成で$ 1,599から。

MSIのサイトはこちら

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する