広告

MZed新講座。キヤノンR5 C – The ULTIMATE Video Manual, by Ollie Kenchington.

本日、教育プラットフォームMZedで、包括的なキヤノンR5 Cコースが開始される。「Canon R5 C – The ULTIMATE Video Manual, by Ollie Kenchington.」はキヤノンがリリースした中で最も人気のある(ビデオ)カメラR5 Cについて、その効果的な使い方について解説されている。

キヤノンEOS R5 Cは、ハイブリッド写真/ビデオミラーレスカメラだけでなく、キヤノンのシネマカメラの両方から得たユニークなフォームファクタと機能で、撮影者のための新しい時代の到来を告げる。R5 Cがなぜ特別なのか、どうすればその能力をフルに発揮できるのかについて解説されている。

MZedの最新コース、「Canon R5 C Ultimate Video Manual」は、3.5時間のコースで、カメラのセットアップ、すべてのモードと画像プリセットの意味、そしてカメラを最大限に活用する方法について解説している。(このカメラのビデオレビューと、ラボテスト)

このコースは、映画監督でありながら世界的な講師でもあるオリー・ケンチントン氏によって作成された。彼は難しいコンセプトを可能な限り消化しやすい方法で説明している。

R5 Cのコースを見ていて、カラーとレコードモードについて、このコースはR5 Cの撮影者のためだけのものではないことも分かるだろう。

canon-r5c-video-manual-ollie-kenchington
Image source: Ollie Kenchington / MZed

もちろん、すでにR5 Cをお持ちの方、またはこれから手に入れる予定の方にとって、R5 C Ultimate Video Manualはカメラを使いこなすための素晴らしいポータルになることは間違いないだろう。しかし、私見では、このコースの真の価値は、R5 Cを始めとするキヤノンの次世代シネマカメラを紹介することだと思われる。

特に、コースの最後のモジュールは、R5 Cとキヤノンのデュアルフィッシュアイレンズを使用して、8Kで180度のVRコンテンツを録画・編集する。

以下は、コースと各モジュールの概要。MZed Proのメンバーは、このコースにすぐにアクセスでき、そのまま購入することもできる。

Ollie KenchingtonのCanon R5 C究極のビデオマニュアルにアクセスする

The Canon R5 C Ultimate Video Manual – コース概要

canon-r5c-camera-buttons
Image source: Ollie Kenchington / MZed

Canon EOS R5 Cの「究極のビデオマニュアル」では、プロの映像作家であるOllie Kenchington氏が、このエキサイティングな8Kハイブリッドカメラのビデオ機能を掘り下げて説明する。

2021年12月にCanon UKが発表したR5 Cのローンチフィルムを撮影して以来、Ollie氏は丸1年をかけてこのカメラを作品に使用してきた。これらの経験をもとに、R5 Cでビデオ撮影を成功させるための主要な機能のすべてを理解できるコースを作った。

さらに、彼の特徴である詳細かつ分かりやすいスタイルで、シャッターアングル、ログガンマー、露出補助ツールなどの高度な概念まで時間をかけて説明し、最後に180VRを徹底的に分解している。

カメラセットアップ

この最初のモジュールでは、基本的なメニューナビゲーションのヒントの後、Ollieはアイリスとシャッターのオプションに進む。スピード、アングル、クリアスキャン、スローの違いや、それぞれを使用する場合の例も紹介している。

canon-r5c-camera-setup
Image source: Ollie Kenchington / MZed

デュアルベースISO

R5 Cのセンサーがどのようにノイズを処理するのか、またカスタムピクチャープリセットの変更がISOレベルやダイナミックレンジの処理に与える影響について詳しく説明している。また、サードパーティ製レンズを使用した良質なNDフィルターの重要性についても触れている。

canon-r5-c-dual-base-iso
Image source: Ollie Kenchington / MZed

カスタムピクチャープリセット

カメラ設定メニューの後、カスタムピクチャーメニューを解説している。信頼できるCalibrite Video Checkerチャートを使って、BT.709 Standard、WideDR、CLog3の違いや、それらがハイライトとシャドーのディテールを捉えるカメラ能力にどのように影響するかを詳しく説明している。また、キヤノンのシネマカメラユーザーが利用できるガンマ、色域、カラーマトリックスのカスタマイズの全容についても簡単に説明している。

canon-r5-c-custom-color-picture-profiles
Image source: Ollie Kenchington / MZed

アシスト機能

このレッスンでは、内蔵されている露出ガイドと使用可能なツールの完全な概要を説明している。フォルスカラー、ゼブラ、波形モニター、ベクトルスコープなど、Ollieの豊富な画像評価知識で、R5 Cの魅力を伝える。

canon-r5c-exposure-assistance-waveform
Image source: Ollie Kenchington / MZed

記録とメディアのセットアップ

センサークロップモードから解像度、コーデック、ビットレート、クロマサブサンプリング、フレームレートのオプションまで、このレッスンを終える頃には、このカメラでどんなオプションが利用できるかだけでなく、なぜ別のものを選択するのかが分かるようになるだろう。また、カメラの電源の重要性、電源と録画オプションの関係についても触れている。

canon-r5c-recording-media-setup
Image source: Ollie Kenchington / MZed

2ndカード記録機能

R5 CはCFexpressカードとSDカードの両方を使用できるため、複数の記録ワークフローが可能だ。プロキシやサブレコーディング、リレーやダブルスロット録音など、このチャプターでOllieはすべてのベースをカバーしている。

レコーディング・モード

このモジュールでは、様々なレコーディングモードについて説明している。スローモーションやファストモーション、フレームやインターバルといった録画モードについて、自身の作品を例に挙げながら解説している。

canon-r5c-record-modes
Image source: Ollie Kenchington / MZed

オートフォーカス

キヤノンは、シネマカメラにおける安定した正確なオートフォーカスシステムのパイオニアとして知られており、R5 Cはその遺産を基に強力なフォーカス機能を搭載している。カメラのオートフォーカスモードを最大限に活用する方法を紹介するだけでなく、Ollieは、フォーカスガイドや「フォーカスポイントの周辺のみ」モードなどのアシスト機能を使って、マニュアルフォーカスを補完する方法も紹介している。

canon-r5-c-autofocus
Image source: Ollie Kenchington / MZed

デジタルI.S.

R5 Cに搭載されているデジタル手ぶれ補正のレベルについて、それぞれの例と、どのような場合に手ぶれ補正が有効かを解説している。

canon-r5c-digital-is-image-stabilization
Image source: Ollie Kenchington / MZed

操作のコツ

R5 Cは小型であるため、様々な方法でリギングするのに最適なカメラだ。このレッスンでは、Ollie氏がこのカメラをリギングする際に最も一般的なアクセサリーを紹介し、キヤノンのLP-E6NHバッテリーを使用した省電力化のヒントも提供している。

canon-r5c-operator-accessories-tips
Image source: Ollie Kenchington / MZed

180 VR

Ollie氏の最後のモジュールでは、R5 Cとキヤノンのデュアル魚眼レンズを使った180度バーチャルリアリティ映像の制作について解説している。最高の没入型コンテンツを撮影するための制作ヒントから、Adobe Premiere Proで必要なポストプロダクションのステップまで、Ollieが地元の町で撮影したテストショットを使用して、最初から最後まですべてのワークフローを紹介する。

canon-r5c-8k-vr-180
Image source: Ollie Kenchington / MZed

MZed Proでカメラを極める

MZed Proのメンバーになると、「Canon R5 C Ultimate Video Manual」に加え、カメラ入門、レンズガイド、撮影と編集の両方の上達法、映画制作をキャリアにする方法など、あらゆる分野の約400時間の映画制作教育を視聴することができる。

さらに、私たちは常に新しいコースを追加しており、それらがリリースされるとすぐにMZed Proのメンバーに利用できるようになる。月々わずか$30(年間$349)で、次のことを得られる。

  • 50以上のコース、700以上の高品質のレッスンは、ほぼ400時間。
  • 12ヶ月間、すべてのコンテンツに無制限でアクセスできる。
  • MZed iOSアプリでオフラインでダウンロードし、見ることができる。
  • ARRI Academyのオンラインコースが、MZedだけで割引になる。
  • コースの大部分は、修了時に業界で認められた証明書を提供する。
  • コースをそのまま購入すると、9,500ドル以上かかる。
  • コースのトピックには、映画撮影、監督、照明、カメラ、レンズ、制作、インディーズ映画制作、脚本、編集、カラーグレーディング、オーディオ、さらにはYouTubeチャンネルの立ち上げ方などが含まれる。
  • 7日間の返金保証。

今すぐMZed Proに参加し、今日から視聴を開始する

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手