広告

ATOMOS Ninja V / V+がCanon EOS R5 Cに対応

ATOMOS Ninja V / V+がCanon EOS R5 Cに対応

ATOMOSは、NINJA VとNINJA V+がキヤノンEOS R5 CのRAWフォーマットに幅広く対応することを発表した。もちろん、NINJA V+ではApple ProRes RAW 8K 30fpsでの収録も可能だ。

キヤノンのシネマEOSラインの最新機種、EOS R5 C(記事はこちら)に伴い、ATOMOSは人気のモニター/レコーダーNinja VとV+の新しいファームウェアリリースを発表した。

両モデル(Ninja Vは2018年登場)とも、EOS R5 CのHDMI端子経由で出力される各種RAWフォーマットの記録に対応する。

Ninja V / V+

NINJA V+は30fpsの8Kに加え、50fpsと60fpsの6Kに対応している。NINJA V(もちろんV+も)は、最大30fpsの6Kと最大60fpsの3Kをサポートしている。

Canon EOS R5 C
Canon EOS R5 C. Image credit: Canon

EOS R5 CはLTC入力を内蔵しているため、マルチカメラでの制作に非常に適している。例えば、ATOMOS UltraSync ONEと組み合わせて使用することができる。また、NINJA V / V+用のAtomX SYNCモジュールにも対応しており、様々な機器とワイヤレスで同期させることが可能だ。

プレスリリースより

キヤノンとのパートナーシップにより、私たちが考えるスモール・フォーム・ファクタ・カメラの可能性に目覚しい前進がもたらされました。新しいCanon EOS R5 Cと Atomos Ninja V+の組み合わせによる8K ProRes RAWの記録は、私たちのお客様が求めているイノベーションを象徴しています。これらのツールを使って、どのように新しい可能性を見出し、さらに素晴らしい映画を創り上げていくのか、私たちはとても楽しみにしています。

Estelle McGechie, CEO, Atomos

ATOMOSは現在、30台以上のカメラでApple ProRes RAW収録を提供しており、ATOMOSは「業界をリードする標準としての地位をさらに強固なものにする」と述べている。

ATOMOS Ninja V+
image credit: ATOMOS

確かに、8Kは現在では珍しいと思われるかもしれないが、ATOMOSは、”映像制作者は、このような大きな画像は、作品を将来的に保証する方法を提供するだけでなく、HDや4K映像のポストで柔軟なオプションの範囲を作成することを理解しています。”と述べている。

Link: Atomos

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する