Atomos Ninja V+とCanon EOS R5で8K ProRes RAWの撮影が可能に

Atomos Ninja V+とCanon EOS R5で8K ProRes RAWの撮影が可能に

Atomos Ninja V+とフルフレームミラーレスカメラ Canon EOS R5で、8K ProRes RAWを最大30fpsで、または5K ProRes RAWを最大60fpsで記録できるようになった。8Kでの記録制限はなく、オーバーヒートも問題になりにくいと思われる。なお、レコーダーとカメラのファームウェアアップデートは、無償でダウンロードできる。

2021年4月、Atomosは新しいモニター/レコーダー「Ninja V+」を初めて発表した。Ninja Vと同じフォームファクターとスクリーンを採用した新しいV+は、HDMIとSDIで最大8K/30pまたは4K/120pのProRes、DNx、ProRes RAW、そして新たにH.265でのビデオ撮影を実現することを約束した。今回Atomosは、キヤノンEOS R5カメラで8K Apple ProRes RAW記録が可能になったと発表した。

Image Source: Atomos / Levi Allen

Ninja V+とEOS R5での8K ProRes RAW記録

以下の解像度でApple ProRes RAW映像を記録することができる。

  • 8K(8224×4336)、23.976p、24.00p、25p、または29.97p
  • 5K(5088×2680):23.98p、24p、25p、29.97p、50p、59.94p

録画時間とサイズ

EOS R5でNinja V+を使用するもう一つの利点は、記録制限がないことだ(内部記録は29分59秒に制限されている)。Ninja V+は8Kで無期限に録画することができるが、Atomosのテストによると、レコーダーに搭載されているNP-Fバッテリーで通常45分程度駆動するが、これは8K ProRes RAWの映像データが1TBのSSDに収まる程度の時間でもある。以下はAtomosによる記録時間の例(23℃の環境で)。

  • 1TB @ 8K30 ProRes RAW HQ: ~約40分
  • 1TB @ 8K30 ProRes RAW: ~42分
  • 1TB @ 5K60 ProRes RAW HQ: ~42分 ~約43分
  • 1TB @ 5K60 ProRes RAW: ~50分
  • 500GB @ 8K30 ProRes RAW HQ。~約20分
  • 500GB @ 8K30 ProRes RAW: ~21分
  • 500GB @ 5K60 ProRes RAW HQ:~21分 ~約22分
  • 500GB @ 5K60 ProRes RAW: ~25分
Ninja V+ and Canon EOS R5 Combo. Source: Atomos/Levi Allen

オーバーヒートを回避

カメラ自体はすでに、8K解像度(8192×4320)で23.976p、24.00p、25p、29.97p、2600Mbpsのビットレートで、または1300~1750Mbpsのビットレートで、12ビットのRAWを内部記録することができる。ここで少し問題になるのは、既にご存知の通り、オーバーヒートの問題だ。カメラが内部記録を行わず、ビデオ信号をレコーダーに出力するだけの場合は、オーバーヒートはそれほど問題にならないと思われる。

Atomosでは、カメラのオーバーヒートや録画タイムアウトを避けるために、EOS R5の「スタンバイ:低解像度」オプションを有効にすることをアドバイスしている。”スタンバイ:低解像度 “モードを有効にすると、R5は “スタンバイ時のHDMI出力は、録画画質の設定と異なる場合があります “というメッセージを表示する。このメッセージは、標準のビデオ出力モードにのみ適用され、RAW出力には適用されない。さらに、省電力メニューでカメラの「オートパワーオフ」を無効にすると、さらに長い録画時間となる。

R5のMicro HDMIコネクタ

EOS R5には、Micro HDMI端子が搭載されているが、これは頑丈なものではない。HDMI端子を保護するプロテクターのようなものを用意することをお勧めする。

SDIモジュールでNinja V+が “ミニShogun 7 “に

Ninja V+は、拡張モジュールを介してSDIからのビデオ信号も記録できる。つまり、ソニーのFX6やEVA1など、SDIを搭載したカメラにも対応しており、例えばFX6にShogun 7を搭載すると、小さなカメラにはバランスが悪いが、Ninja V+だとすっきりとした組み合わせになる。

ProRes RAWの幅広いNLEサポート

ProRes RAWは、Final Cut Pro、Adobe Premiere Pro、 Avid Media Composerに加え、ASSIMILATE SCRATCH、Colorfront、FilmLight Baselight、Grass Valley Ediusなどのアプリケーションでサポートされている。残念ながら、 DaVinci ResolveへのProRes RAWのネイティブサポートについては、まだ発表されていない。

Ninja V+ and Canon EOS R5 Combo. Source: Atomos/Levi Allen

Atomosの無料オンラインイベント

最後に、Atomosは9月7日にコンテンツクリエイターのLevi Allen氏を招いてオンラインイベントを開催する。Ninja V+とEOS R5で8K ProRes RAWを撮影した経験についての話がある。イベントへのお申し込みはこちら

価格と発売時期

どちらのファームウェアアップデートも無料で入手できる。Ninja V+用のAtomOS 10.68ファームウェアアップデートは、Atomosのウェブサイトから直接ダウンロードできる。EOS R5用のアップデートv1.4.0は、キヤノンのサポートサイトからダウンロードできる。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience