広告

キヤノンEOS R5にRAW LightとCanon Log 3を追加

キヤノンEOS R5にRAW LightとCanon Log 3を追加

キヤノンは、EOS R5、EOS R6、およびEOS-1D X Mark IIIの新しいファームウェアアップデートをリリースした。 EOS R5とEOS1D X Mark IIIは、新たに低ビットレートのRAW Lightフォーマットを採用する。さらに、EOS R5にはCanon Log3画像プロファイルとフルHD120pモードも追加される。 これら3モデルのカメラはすべて、新しい低ビットレートIPBムービーオプションも搭載する。アップデートは無料でダウンロードできる。

EOS R5とEOS R6は2020年の夏にリリースされた。その後、オーバーヒートの問題を解決し長時間の記録が可能となったファームウェアアップデートを行っている。(レビューはこちら。またラボテストはこちら

EOS R5 (firmware v1.3.0)

最も注目すべき新機能は、RAW Lightコーデックの追加だ。これは、従来の通常のRAWコーデックと比較して、ファイルサイズをはるかに小さくし、ポストプロダクションで同等の柔軟性を提供する。キヤノンによると、このRAWライトフォーマットはEOS C200などで使用されているCinema RAW Lightとは異なり、色と色域の考え方が異なっている。 NLEとの互換性に関しては、 DaVinci Resolveで新しいCanon RAW Lightファイルを開くことができたが、Adobe PremiereProでは未対応だ。キヤノンはまもなく他のNLE用のプラグインをリリースすると思われる。

Canon EOS R5 firmware v1.3.0 Image credit: CineD

オーバーヒートに関しては、新しいRAWライトコーデックでも連続記録時間が長くなることは無い。 EOS R5とEOS R6はどちらも、現在のカメラの温度と設定された記録モードに基づいて、記録可能な時間の推定値を表示する。回復時間は、周囲温度、継続的なカメラ操作、選択した撮影解像度など、さまざまな要因の影響を受ける可能性がある。CineDのテストでは、RAW Lightで記録しても、RAW形式の場合と同じくらい速くボディが熱くなることを確認した。

EOS R5のもう1つの新機能は、EOS Cinemaラインで採用されているCanon Log3画像プロファイルだ。キヤノンによると、C-log3はさらにフラットな画像を提供し、ダイナミックレンジとカラーグレーディング機能を向上させることができる。

さらに、このファームウェアにより、より簡単に小さなビデオファイルの低ビットレートIPBムービーオプションを共有できる。さらに、フルHD120pモードが追加される。

以下の解像度、フレームレート、およびビットレートが、ファームウェアアップデートv1.3.0をインストールしたEOS R5で利用できるようになる。

RAW ([13]は最新のアップデートを表す

  • 8K RAW(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p):約2600 Mbps
  • 8K RAW(ライト)(29.97p / 25.00p):約1700 Mbps [13]
  • 8K RAW(ライト)(24.00p / 23.98p):約1350 Mbps [13]

MOV:MP4 H.264 Canon Log off:

  • 8K(29.97p / 25.00p / 24.00p * /23.98p)ALL-I:約1300 Mbps
  • 8K(29.97p / 25.00p / 24.00p * /23.98p)IPB:約470 Mbps
  • 8K(29.97p / 25.00p / 24.00p * /23.98p)IPB(ライト):約230 Mbps
  • 4K(119.9p / 100p)ALL-I:約1880 Mbps
  • 4K(59.94p / 50.00p)ALL-I:約940 Mbps
  • 4K(59.94p / 50.00p)IPB:約230 Mbps
  • 4K(59.94p / 50.00p)IPB(ライト):約120 Mbps
  • 4K(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p)ALL-I:約470 Mbps
  • 4K(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p)IPB:約120 Mbps
  • 4K(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p)IPB(ライト):約60 Mbps
  • フルHD(119.9p / 100p)ALL-I:約360 Mbps [13]
  • フルHD(59.94p / 50.00p)ALL-I:約180 Mbps
  • フルHD(59.94p / 50.00p)IPB:約60 Mbps
  • フルHD(59.94p / 50.00p)IPB(ライト):約35 Mbps
  • フルHD(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p)ALL-I:約90 Mbps
  • フルHD(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p)IPB:約30 Mbps
  • フルHD(29.97p / 25.00p)IPB(ライト):約12 Mbps
  • 8Kタイムラプス(29.97p / 25.00p)ALL-I:約1300 Mbps
  • 4Kタイムラプス(29.97p / 25.00p)ALL-I:約470 Mbps
  • フルHDタイムラプス(29.97p / 25.00p)ALL-I:約90 Mbps

MOV:MP4 H.265 Canon Log on:

  • 8K(29.97p / 25.00p / 24.00p * /23.98p)ALL-I:約1300 Mbps
  • 8K(29.97p / 25.00p / 24.00p * /23.98p)IPB:約680 Mbps
  • 8K(29.97p / 25.00p / 24.00p * /23.98p)IPB(ライト):約340 Mbps
  • 4K(119.9p / 100p)ALL-I:約1880 Mbps
  • 4K(59.94p / 50.00p)ALL-I:約1000 Mbps
  • 4K(59.94p / 50.00p)IPB:約340 Mbps
  • 4K(59.94p / 50.00p)IPB(ライト):約170 Mbps
  • 4K(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p)ALL-I:約470 Mbps
  • 4K(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p)IPB:約170 Mbps
  • 4K(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p)IPB(ライト):約85 Mbps
  • フルHD(119.9p / 100p)ALL-I:約470 Mbps [13]
  • フルHD(59.94p / 50.00p)ALL-I:約230 Mbps
  • フルHD(59.94p / 50.00p)IPB:約90 Mbps
  • フルHD(59.94p / 50.00p)IPB(ライト):約50 Mbps
  • フルHD(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p)ALL-I:約135 Mbps
  • フルHD(29.97p / 25.00p / 24.00p / 23.98p)IPB:約45 Mbps
  • フルHD(29.97p / 25.00p)IPB(ライト):約28 Mbps
  • 8Kタイムラプス(29.97p / 25.00p)ALL-I:約1300 Mbps
  • 4Kタイムラプス(29.97p / 25.00p)ALL-I:約470 Mbps
  • フルHDタイムラプス(29.97p / 25.00p)ALL-I:約135 Mbps
Canon EOS R5. Image credit: CineD

アップデートには、パーソナライズされた優先カメラ設定をメモリカードに保存する機能が含まれている。メモリカードは、別のカメラにコピーしたり、設定の調整時に使用したりできる。また、デジタル一眼レフカメラと同様に、撮影時に液晶モニターの電源を切り、再生のみに使用することもできる。このアップデートでは、RFレンズの完全な手動サポートも可能になり、サーボAFモードでRFレンズのフォーカスを手動でオーバーライドできる。

新たに追加された画像転送保護機能により、選択した画像をロック(誤って削除しないように保護)してFTP経由で転送することができる。その際、ディスプレイにFTP転送ステータスが表示され、データの転送にかかる時間が表示される。

EOS R6 (firmware v1.3.0)

EOS R6では、ファームウェアv1.3.0により、小さくて簡単に共有できる低ビットレートIPBムービーオプションと、ユーザーがRFのフォーカスをオーバーライドできるRFレンズの手動操作が可能となり、サーボAFモードの場合は手動でレンズを操作できる。 (レビューはこちら)。

プロ用デジタル一眼レフカメラEOS-1DX Mark IIIも、EOS R5と同様に、RAW Lightコーデックを備える。 (レビューはこちら)。また、低ビットレートのIPBムービーオプションもサポートする。さらに、ディスプレイにFTP転送ステータスを表示し、FTP接続を介してデータを転送するのにかかる時間を表示できる。

Canon 1D X Mark III – Image: CineD

EOS R5、EOS R6、EOS 1D X Mark IIIファームウェアアップデート機能表(出典:キヤノン)

また、ファームウェアアップデートの他に、Digital Photo Professional(DPP)v4.14とEOS Utility v3.13.1もリリースされた。Rosettaを介してAppleM1プロセッサーにも対応している。

なお、同社は、Canon Log3の画像プロファイルは将来のファームウェアアップデートでEOS R6とEOS-1DX MarkIIIにも搭載されると述べている。

価格とリリース時期

新しいファームウェアは、キヤノンのサイトから無料でダウンロードできる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する