EOS R5/R6のオーバーヒート対策についてキヤノンにインタビュー

2020.9.14
EOS R5/R6のオーバーヒート対策についてキヤノンにインタビュー

キヤノンEOS R5とEOS R6は現在出荷されているが、当初オーバーヒートの問題が懸念されていた。現在は、ファームウェア1.1.1がリリースされ、状況は改善されている。CineDではこれについて質問とインタビューを行った。キヤノンヨーロッパのイメージコミュニケーション事業の製品管理部長である永井克幸氏に対応いただいた。

CineD: EOS R5は出荷以降、大変な人気です。キヤノンがこの製品を開発した目的は何ですか。8Kミラーレスカメラの導入はどのような意図がありましたか?

永井氏:誰かが最初になる必要がありますね。キヤノンは常にビデオやフォトカメラのパイオニアでした。 EOS 5D Mark IIは最初のフルHDカメラでしたが、皆さんに「なぜフォトカメラでビデオを撮影する必要があるのか?」と言われました。その後、2012年に、4Kで内部記録できるEOS-1D Cを発売しましたが、再び、フルHDに移行しつつある時になぜ4Kなのかと疑問視されました。

誰かが可能性を追求しなければなりません。新しいゲームが8Kをサポートしていることは注目に値します。また8Kテレビを推進するブランドも増えています。近い将来、多くの家庭に8Kが入っていくでしょう。

8Kはキヤノンにとって、ビデオだけでなく静止画/ハイブリッド撮影の目標でもあります。 EOS 5D Mark IIを導入したとき、ビデオも写真も撮影するユーザーは、ビデオカメラと静止画カメラを両方持っていました。彼らは、写真もビデオも撮影できる製品を求めていました。フルHDで撮影すると、静止画は20メガピクセル程度です。 4Kでは、これは80メガピクセルになりますが、静止側に比べると1⁄2か1/3程度です。しかし8Kになれば、「この瞬間をビデオで撮るか、フォトで撮るか」と迷う必要はありません。ビデオ映像から高品質の写真を得られるからです。

Canon EOS R5 Camera. Image credit: CineD

CineD:キヤノンの公式資料を見ると、キヤノンEOS R5とEOS R6は「究極のハイブリッドカメラ」と「究極のコンテンツ作成ツール」とあります。 (https://www.canon-europe.com/cameras/eos-r6/)。また、「ゲームチェンジ」ツールとも記されています。 (https:// www.canon-europe.com/cameras/eos-r5/)。これについてはいかがですか?

永井氏:これらの記述はその通りで、EOS R5とR6は専用のビデオカメラではなく、ハイブリッドカメラです。

これらのカメラは、これまでにないレベルのスチル性能を提供します。EOS R5は高解像度でありながら、低解像度のスポーツカメラに匹敵する速度も持っています。

オートフォーカス、手振れ補正機能、10ビット記録、キヤノンログは、人々にミラーレスカメラを再評価させる革新的な機能です。ビデオに関して言えば、8Kと4K 60p機能を除外しても、キヤノンがこれまでに発売した最高仕様のビデオ対応スチルカメラであり、今日の究極のハイブリッドカメラです。

CineD:ビデオ記録時のオーバーヒートの問題がありましたが、最新のファームウェアで、より長い記録時間が可能となり、回復までの待機時間も短くなりました。オーバーヒートの原因は何ですか?また新しいファームウエアは何を変えたのですか?

永井氏:耐候性を考えて設計されたコンパクトなボディに最先端の機能を詰め込んでいます。

この問題には支配的な要因が二つあり、そのひとつは、低温火傷からの保護、 もうひとつは、カメラの内部コンポーネントの保護です。ひとつめのものは、ユーザーをカメラの外部ボディが高温になるのを制限し、ユーザーを保護するためのものです。

記録時間は、カメラ本体内の温度と前回の使用状況情報(稼働時間)をモニターすることで管理しています。新しいファームウェアでは、温度検出システムを改善し、ビデオ録画時間制御アルゴリズムを更新しました。これら二つのポイントの組み合わせにより、撮影中の外部冷却などを考慮して、記録時間を増やすことができます。

また、連続して短い動画を撮影する間(室温)にカメラの電源をオフ/オンにしたときに表示される動画の録画時間が改善されました。

CineD: 8K RAWビデオを記録する場合、キヤノンで設定された制限を無効にする方法がネットで見うけられます。もちろん、「ハック」について言及できないことは理解していますが、これによって、カメラやセンサーに危険はありますか?

永井氏:ユーザーの安全を確保するため、カメラ本体内の温度と最終使用状況情報(稼働時間)をモニターし、録画時間を管理しています。録画中にバッテリーを取り外したり、カメラを分解したりしてカメラをリセットすることはお勧めしません。このように内部メモリがリセットされると、カメラが使用できなくなり、温度制御が正しく機能しなくなり、カメラが予想以上に過熱して、電源コンポーネントが正しく動作しなくなる可能性があります。

CineD:録画時間を制限することでプロのEOSカメラのビジネスを保護しようとしているかのように見える場合があり、顧客とメーカーの信頼問題を引き起こす可能性があります。意図的に行われたのではなく、技術的にカメラを保護したのだと強調することはありますか?

永井氏:そのようなことをしても、ユーザーは高価なカメラを購入するよりも競合他社のシステムに切り替える可能性が高いため、賢明なビジネスアイデアではありません。

カメラができることとできないことを左右する要素があります。それは、カメラのコストに基づいて使用される部品です。すべてを実現できるカメラを作るには、高解像度のビューファインダー、大きなバッファー、データを処理するためのより高速なプロセッサー、カードへの書き込みのためのより高速なカードバスなど、部品にコストがかかります。

各製品の主要顧客を見極め、その中心的なユーザーが必要とする機能を決定することが重要です。私たちの目標はカメラを使いにくくすることはありません。常に一般的なユーザーにより良い製品をお届けすることです。

メーカーが直面する問題のひとつは、カメラが使いにくいというフィードバックであり、一部の人々はスマートフォンを好みます。同じカメラだけを作ると安価になるというモデルに従えば、カメラを使いやすくすることには取り組みません。私たちは、メニューを拡張することなしに、カメラをより直感的に使用できるようにすることを目指しています。

Canon EOS R6. Image credit: CineD

CineD:EOS R6に関して、たとえばIBPや4K RAW記録、オールイントラも考えていますか?

永井氏:お客様からのフィードバックには常に耳を傾けています。 EOS R6の販売はまだ始まったばかりなので、アップデートについてさらに計画を立てる前に、今何が必要かを理解するために少し時間をかける必要があります。

CineD: EOS R5とEOS R6は近い将来、更に連続録画時間を改善する予定ですか、あるいはこれが最終的な結果ですか?

永井氏:これらのカメラは今後も強化していく予定ですが、前の回答で説明したように、ファームウェアのアップデートだけでは簡単に克服できない制限があります。

関連商品




Canon ミラーレス一眼カメラ EOS R6 RF24-105 IS STM レンズキット ブラック

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する