広告

キヤノン EOS R5 C インタビュー

キヤノンのシネマEOSの最新ラインナップであるミラーレスカメラ「キヤノンEOS R5 C」の発売を前に、読者の皆さんからいくつかの質問をいただいた。そこで、早速キヤノンにインタビューを申し込み、直接回答をいただいた。

このEOS R5 Cのインタビューでは、ジョニーがキヤノンのプロダクトマーケティングスペシャリスト、アロン・ランダワとバーチャルで対談し、私たちの質問に答えてくれている。また、40分のインタビューはこちらで観ることができる。また、チャプターマーカーを追加し、トピックごとにビデオをみることができる。

なお、EOS R5 Cのファーストルックレビューはこちら

The full table of contents is as follows:

0:50 – キヤノンのアロンが新型EOS R5 Cについて気に入っていることトップ3
2:05 – なぜこのカメラはシネマラインの一部なのでしょうか?
2:41 – このカメラは誰をターゲットにしているのでしょうか?
3:45 – 新しい RAW バリエーションとは?
5:01 「RAW LTとSTで品質に違いはあるのか?
6:09 – なぜRAW HQはSuper 35mmセンサーモードに限定されているのか
6:46 – EOS R5 CとEOS R5、R3に見られるRAWの違いとは何ですか?
8:21 – EOS R5で見られるRAWは、EOS R5 CのどのRAWの種類に相当するか
11:38 – HEVCに8K/50pがない理由
14:10〜新しいアナモフィックデスクイーズモードの説明
16:41「なぜIBISがないのですか?
25:39 – なぜC-Log 2がないのですか?
28:13「なぜMicro HDMIなのか?
30:00 – なぜこのカメラにはより良い三脚サポートがないのでしょうか?
31:00 – AFについて説明します – EOS R5やC70のようなものでしょうか?
35:00 – EOS C70ファームウェアアップデートの詳細
38:33「「最高の動画画質」のための「最高の設定」はあるのか?
40:13〜発売時期について

EOS R5 C キヤノンインタビュー

0:50 – EOS R5 Cの特徴ベスト3
アロン氏は、今回発表されたEOS R5 Cは、8K60p記録、オーバーサンプリング(4K、FullHDはオーバーサンプリング使用)、そして写真と動画の真のハイブリッドカメラであることの3点が際立っていると述べている。

2:41 – このカメラは誰をターゲットにしているのか?
オリジナルのEOS R5はプロ写真家をよりターゲットにしているのに対し、R5 Cは明らかに映像製作者をよりターゲットにしており、それゆえCであるとも述べている。

3:45 – 新しいRAW現像ソフトとは?
次にアロン氏が語るのはCinema RAWの光について。すべてのモードが12ビット、LT、ST、HQとなっている。LTはビットレートが低いため、CFexpress Type Bカードで8K60pを可能にする。このようにRAWの設定やクロップモードが選べることで、RAWフォーマットでの撮影は、ポストプロダクションの下流でより柔軟性を得られる。

EOS R5 C
image credit: CineD

5:01「RAW LTとSTで画質の違いはあるのか?
注:Cinema RAW LightのLT、ST、HQの違いはデータレートだけで、クロマサブサンプリングやシャープニングは一切ない。アロン氏によると、品質の違いはほとんど見分けがつかないので、LT、ST、HQの間で大きなジャンプはないとのこと。

6:46 – EOS R5 CとEOS R5、R3のRAWの違いは何か?
EOS R3/R5のRAWとR5 C Cinema RAW Lightの違いは、後者の方がファイルサイズが若干小さくなり、NLEでの編集・加工が容易になる点。

11:38 – なぜHEVCには8K/50pが存在しないのか?
8K60p(外部電源による駆動)は、XF-AVCやHEVCなどの圧縮フォーマットが処理能力的にカメラの能力を超えてしまうのに対し、カメラは基本的に膨大な量のデータをカードにダンプするだけで済むため、Cinema RAW Lightでしか実現できない。

R5 C back
A little bulkier overall. Image credit: Canon

14:10〜新搭載のアナモフィックデスクイーズモードの説明
EOS R5 Cの動画モードでは、アスペクト比17:9@8KのDCI解像度を採用している。アナモフィックレンズを使用する場合、これは2倍のアナモフィックレンズで撮影したときに使用できる4320px(縦)×5000px以上の幅に換算される。しかし、実際のデスクイーズは視聴目的(VF、LCD、またはHDMI出力)のみで、オリジナルの記録解像度はタッチされない。

IBIS & C-Log 2

16:41 「なぜIBISがないのですか?
5軸手ブレ補正はキヤノン製レンズとの相性が良く、対応レンズは2軸の光学式手ブレ補正、R5 Cボディはさらに3軸の電子式手ブレ補正を搭載しているため、キヤノン製レンズとの相性が良い。RFレンズはボディと積極的に通信することで、より優れた手ブレ補正効果を発揮する。キヤノンによると、物理的なIBISはスチルカメラマンに最適で(カメラを固定して長時間露光)、e-ISはカメラを持って歩いたり走ったり、手持ちでのパンなどの動画に関連する動きを対象としている。

このような動きは、物理的なIBISシステムでは難しいため(センサーが動く分だけ補正できるため、例えばカメラを持って歩くと画像がおかしくなる)、映像制作者向けに販売されるR5 CはIBISではなくe-ISを搭載している。

Canon EOS R5 C
image credit: Canon

欠点は?e-ISを最大限に活用するには、キヤノンのRFレンズが必要。アナモフィックレンズやサードパーティーレンズは使用できない。しかし、もちろん、サードパーティ製レンズを使用し、メニューシステムを通じてR5 Cボディに使用する焦点距離を伝えることで、e-ISが何を撮っているのかを把握することができる。

IBISに対するアロン氏の第二の主張は、センサーを常に動かしているため、当然ながらバッテリーを消耗してしまうというものだ。ちなみに。8K RAWを撮影する場合、e-ISは(NRやシャープネスなどとともに)定義上RAWでは避けられる処理なので、完全に無効化される。

機械的なIBISの代わりにe-ISを使用するもう一つの欠点は、画像がわずかにクロップされること。

25:39「なぜC-Log 2がないのか?
C-Log2は最大16ストップのダイナミックレンジを提供する(もちろんカメラによるが)。それを達成するために、シャドウをかなりブーストし、結果としてノイズフロアが増加する。

一方、C-Log 3は、最大14f-stopのダイナミックレンジを提供し、シャドウの増幅が少ないため、ノイズも少なく、ポストプロダクションのパイプラインが非常にシンプルになる。どちらのプロファイルもハイライトリテンションカーブは同じ。アロン氏によると、C-Log 3は最も人気のあるLogフォーマットだそうだ。

Canon EOS R5 C
Using USB-C PD, a power bank can also act as an external power supply. Image credit: Canon

もちろん、異なるガンマカーブを実装しても、カメラのダイナミックレンジが変わるわけではない。この場合、高解像度センサーのため画素が小さく、いずれにしても16ストップに近いダイナミックレンジは達成できないため、キヤノンはR5 CにC-Log 2を実装しないことを選択した。もちろん、RAWで撮影し、通常のC-Log 2パイプラインの前にポストでC-Log 2に変換することは可能だ。

マイクロHDMIとAF

28:13 – なぜMicro HDMIなのか?
R5 Cは基本的にR5がベースなので、物理的なスペックはR5と共通となっている。多くのケージは、R5用に設計されたものでも、R5 Cにフィットする。R5 Cの側面にある端子は、R5のものと同じ。ただし、ケーブルプロテクターが同梱されており、マイクロHDMIとUSB-Cを保護することができる。

30:00 – なぜこのカメラにはより良い三脚サポートがないのか?
EOS R5 Cの底面には、1つの1/4″20ネジしか見つけることができない。もちろん、カメラを三脚に取り付ける場合、どこかの時点でねじれる可能性が高いので、これは理想的ではない。その理由は、やはりR5と同じボディデザインにある。アロン氏によれば、R5 Cのデザインは、オリジナルのR5に対するアドオンと考えることができるそうだ。そこにあるものに、機能や物理的な側面(新しいTC端子や冷却システムのアウトレットなど)を追加した結果とのこと。

Timecode on the EOS R5 C
Timecode I/O. Image credit: Canon

31:00 「AFの説明~EOS R5やC70に似ている?
アロン氏は、写真用のAFと映像制作用のAFは大きく異なると述べている。R5 Cは、顔のみのフォーカス、ヘッドトラッキング、アイトラッキング(iTR AF X)を搭載している。さらに、写真用AFにはない、より遅い(しかし自動的な)フォーカスプルのためのスピードとレスポンスの設定を細かく調整することが可能。このように、AFは1つだけでなく、多くの側面があり、それぞれに特有の使用例がある。

EOS C70 のファームウェアアップデート

35:00 ~ EOS C70ファームウェアアップデートの詳細
Cinema RAW Light LT, ST, HQは、今後のファームウェアアップデートでC70に追加される予定。つまり、すべてのモードがあるが、SDカードの制限のため、限られたフレームレートのみとなる(詳しくはニュース記事をご覧いただきたい)。

40:13 – リリース時期
目標は3月末日。キヤノンによると、このカメラの一部のコンポーネントをオリジナルのR5と共有するもう一つの理由は、電子部品の不足が続いていることだそうだ。

Canon EOS C70 Firmware
image credit: Canon

このカメラの機能にはまだ不満な点もあるが、今後実際に使用してみてレポートしたい。結局のところ、このサイズと価格を考えると、EOS R5 Cは傑出した機器に見える。そして、8Kが画素競争の終わりとなることを願いたい。私自身は16Kを望んでいない。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects