Duclosが15mm LPL Macro Tubeを発売 - 通常のレンズをマクロレンズに

9 日前
Duclosが15mm LPL Macro Tubeを発売 - 通常のレンズをマクロレンズに

カリフォルニアを本拠地とするDuclosはハイエンドのシネレンズで有名だが、同社がいわゆるマクロチューブを発売した。 これはマクロレンズへの変換レンズだ。ただし、今回はラージPLLPL)マウント用に設計されているため、フルフレームセンサー用に設計されている。

Duclos LPL Macro

image credit: Duclos Lenses (edited by cinema5D)

このレンズは、いわゆるマクロチューブで、LPLマウントとシネレンズの間に位置するアダプターだ。新しいLPLマクロチューブは15mmのもので、より長い(通常のPLマウントですでに発売されているものと同じ)が間もなく登場する。

Duclos LPL Macro

Image credit: Duclos Lenses

アダプター自体には光学部品は含まれていないが、レンズマウントとイメージセンサーの間の距離が長くなる。したがって、フランジ距離が長くなり、レンズの焦点が変わる。

Duclos 15mm LPL Macro Tube

名前の「15」はその目的を示しており、このLPLマクロチューブは、レンズマウントとセンサーの間の距離を正確に15mm増やす。最短合焦距離を短くし、倍率を大幅に増やす。結論として、どのLPLレンズも画質を犠牲にすることなくマクロレンズに変化させる。

Duclos LPL Macro

Same lens on both shots! Image credit: Duclos Lenses

Duclos 15mm LPLマクロチューブアダプターは、別にマクロレンズを持ち歩く必要がないので便利だ。コスト面から言っても有用と言える。小型軽量なので、気軽に持ち運べるのも魅力だ。

Duclos LPL Macro

image credit: Duclos Lenses

なおアナモフィックでは撮影できない。このアダプターは、球面レンズでのみ有効だ。

仕様と価格

サイズは3.6x 3.6x 1インチで、価格は350ドル。詳しくは、同社のWebサイトを参照いただきたい。

Duclos LPL Macro

Image credit: Duclos Lenses

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment