オリンパスがOM-D E-M1 MarkIIを参考出品 - 4K/30p対応マイクロフォーサーズミラーレス

オリンパスがOM-D E-M1 MarkIIを参考出品 - 4K/30p対応マイクロフォーサーズミラーレス

フォトキナ2016で、オリンパスが新しいマイクロフォーサーズ ミラーレスカメラ OM-D E-M1 MarkIIを参考出品した。20メガピクセルのセンサーを持ち、4K/30p動画撮影機能を搭載。UHD4Kだけでなくデジタルシネマ規格4K4096×2160)も記録可能。更に高い耐候性も併せ持つ。

 

Olympus

E-M1 MarkIIは、過酷な環境下での撮影にも耐えられるよう設計されたカメラだ。小型軽量の本体は、防塵、防滴、耐寒(-10℃)が謳われており、悪天候や寒冷地でも高い信頼性が期待できる。

Olympus Rear

MarkIIでは新たに4Kビデオ機能が搭載され、30pまでのUHD 4K(3840×2160)に加え、24pでのデジタルシネマ規格4K(4096×2160)での撮影、記録が可能。.movあるいは.aviフォーマットで記録され、ビットレートは237Mbps。5軸手振れ補正機能が搭載されており、ブレの無い撮影が可能。4K/5fpsのタイムラプス撮影も可能だ。

主な特徴

  • 有効画素数2037万画素新Live MOSセンサー
  • 4K/30p(3840×2160)及び、デジタルシネマ規格4K/24p(4096×2160)が可能
  • .movと.aviを選択可能
  • 3.0インチタッチスクリーンモニター
  • 121ポイント デュアルオートフォーカス
  • プリレコード機能
  • 5軸手振れ補正機能
  • デュアルSDカードスロット(UHS II)
  • 耐候性:防塵、防滴、耐寒(-10℃)
  • 重量:498g(本体のみ)

オートフォーカス機能は静止画用にプライオリティーが置かれているようで、秒間18フレームの連写に対応した連続オートフォーカスが装備されている。

また、プロキャプチャーモードは、他のビデオ機能が充実しているカメラと同じように、シャッターボタンが完全に押されるまでの間に最大14フレームをキャプチャーすることができる。

 

ただ、3.0インチタッチスクリーンだけは、他の強固な作りからは、少し異なっているように見える。汚れたりした場合の信頼性はどうだろうか。

なお、新たに3本のプロ仕様レンズが発表される予定だ。

新レンズ

  • M.ZUIKO Digital ED 25mm f1.2 PRO lens
  • M.ZUIKO Digital ED 30mm f3.5 Macro lens
  • M.ZUIKO Digital ED 12-100mm f4.0 PRO lens

本体同様、これらのレンズも耐候性に優れた設計となっている。

価格と発売時期は未定。

 

オリンパスOM-D E-M1 MarkIIのプレス資料はこちら(日本語)

 

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する