広告

Onsemi – ARRI ALEXA 35のイメージングセンサーを開発したメーカー

Onsemi – ARRI ALEXA 35のイメージングセンサーを開発したメーカー

最近のプレスリリースで、大手半導体メーカーのOnsemiは、ARRIの最新のフラッグシップ4.6Kスーパー35シネマカメラ、ALEXA 35に搭載されている最新鋭のセンサーだ。この新しいセンサーは、22年にわたるARRIとのパートナーシップの上に築かれたものだ。

ほとんどのカメラメーカーが、サードパーティ製イメージセンサーに依存していることはよく知られた事実だ。例えば、ニコンは何年も前からソニーのセンサーを使用しているし、新しいALEXA 35に搭載された画期的なALEV 4センサーも、ARRIだけが開発したものではない。

実は、デジタルシネマの世界に足を踏み入れた当初から、ドイツのARRIは、自動車、産業、航空宇宙、医療など幅広い用途のチップを量産するアメリカの onsemi社(旧社名:ON Semiconductor)と肩を並べて仕事をしてきた。

ALEXA 35
Image credit: ARRI

ARRI ALEXA 35のセンサー:onsemiと共同開発

ARRI ALEXA 35は、S/N比2で15.1ストップのダイナミックレンジを実現し、CineDのラボテストでは当然のことながら新記録を打ち立てた。このカメラについてのインタビューはこちら

ARRI ALEXA 35
Image credit: ARRI

このカメラの新しい4.6K(4608×3164)3:2 Super 35 ALEV 4 CMOSセンサー(ピクセルピッチ:6.075μm)は、HDRと最大120fpsのハイフレームレート撮影の両方にピクセル応答とピクセル読み出しを最適化するonsemiの技術の恩恵を受けている。

ARRI ALEXA 35
Image credit: ARRI

ARRIは、センサーの能力を最大限に引き出すために、18ビットの内部処理を搭載し、さらにセンサーの巨大なダイナミックレンジを処理するための新しいLogC4ガンマカーブを含む新しいREVEAL画像処理パイプラインを開発する必要に迫られた。

20年以上にわたるパートナーシップ

両社の協力関係は、2005年にARRIFLEX D-20のCMOSセンサーを開発したことから始まった。このパートナーシップにより、ARRI ALEXAは2017年に映画芸術科学アカデミーから科学技術賞、テレビアカデミーからエンジニアリング・エミー賞を受賞するまでに至った。

Image credit: onsemi

onsemiは、ARRIのデジタルシネマカメラが提供する比類ない画質をエンジニアリングする上で、非常に貴重な存在だ。ARRIのマネージングディレクター兼ビジネスユニット・カメラシステム責任者のウォルター・トラウニンガー氏は、次のように述べている。

「両社の緊密なコラボレーションは、映画製作者に最高の画質を提供するARRIの能力の基盤となっています。このような長期的なコミットメントは、絶えず変化する半導体市場において絶対的な例外であり、ARRIにとって貴重なものです。」

Walter Trauninger, Managing Director and Head of Business Unit Camera Systems at ARRI

Link: onsemi

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手