Oppoがアンダースクリーンカメラ技術を公開

Oppoがアンダースクリーンカメラ技術を公開

中国のスマートフォンメーカーOppoは、第3世代のアンダースクリーンカメラ技術を発表した。ほとんど存在が分からない自撮りカメラは、ディスプレイのシャープさを損なうことなく、かなり良い画質を提供する。この技術革新は、アンダースクリーンカメラの開発に関連する技術的および製造上の問題の多くを解決するものだ。

アンダースクリーンカメラの技術は、ディスプレイの下にほとんど目立たないようにカメラを設置し、画面を最大限に大きくすることができるメリットがある。

しかし、カメラをディスプレイの裏に設置するには、多くの技術的課題がある。当然、有機ELディスプレイの素子がカメラの前にあるので、光の一部がカメラセンサーに届かない。このため、通常はグレアの影響を受けてぼやけた画像になる。

しかし、中国のハイテク企業Oppoは、最近、第3世代のアンダースクリーンカメラ技術の開発を発表した。これにより、ディスプレイの解像度を犠牲にすることなく、画質を大幅に向上させることができた。

アンダースクリーンカメラの歴史

Oppoは、2019年のMWC Shangaiで初めてアンダースクリーンカメラ技術を披露した。同社はかなり以前からこの技術を開発していたにもかかわらず、現在、アンダースクリーンカメラを搭載したデバイスは市場に出ていない。しかし、他のメーカーからは発売されている。

例えばZTEが2020年に発売した「Axon 20 5G」は、世界で初めてアンダースクリーンカメラを搭載したスマートフォンだった。これを実現するためには、カメラの真上のディスプレイの画素数を下げる必要があった。これにより、光の透過率を高めることができたが、画面の解像度が安定しないという問題があった。

ZTE Axon 20 5G
ZTE Axon 20 5G. Source: ZTE

Oppoのアンダースクリーンカメラ技術

前世代のアンダースクリーンカメラでは、カメラの真上にあるディスプレイの画素密度を下げていたが、Oppoでは、画面全体で400PPIの一貫した画素密度を維持することができたとしている。

Oppo new pixel geometry
Oppo under-screen camera technology features a new pixel geometry. Source: Oppo

オッポのアンダースクリーンカメラは、1つのピクセルのサイズを小さくする新しいピクセルジオメトリを採用している。さらに、透明で薄い配線材を使用することで、カメラに届く光の量を最大化している。

しかし、もうひとつ、基本的な仕掛けがある。AIだ。AIは、回折の補正、ホワイトバランス、ダイナミックレンジの改善など、この技術を機能させるために不可欠なものだ。

画質

オッポは以下のサンプル画像を提供している。この画像の評価に関しては、是非ご自分で行ってほしい。

Oppo under-screen camera sample image
Oppo under-screen camera technology sample image. Source: Oppo

私の意見では、この結果は非常に驚くべきものだ。特にこの技術の限界を考えると、全体的にかなり自然な画像になっている。しかし、完璧ではない。よく見ると、画像の一部に不自然な色が出ている部分がある。

発売時期

オッポがこの技術を搭載したスマートフォンをいつ発売するかはわからないが、近いうちに発売されるかもしれない。実際、アンダースクリーンカメラを採用したスマートフォンの試作品の写真も公開されている。

このサンプル画像では、白地に黒の文字が表示されているが、これは非常に厳しいテストだ。しかしこのプレビューを見る限り、カメラがどこにあるのか全く分からない。

Oppo under-screen camera prototype
Oppo under-screen camera technology prototype. Source: Oppo

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience