Lightricksがスマートフォン向け動画編集アプリ「Enlight VideoLeap for Android」を発表

Lightricksがスマートフォン向け動画編集アプリ「Enlight VideoLeap for Android」を発表

人気のiOSアプリが、Google Playストアでも販売される。Enlight VideoLeap for Androidは、クロマキーのような複雑なエフェクトが利用できるようになる。

動画編集機能は、デスクトップNLEが優れているが、スマートフォンでの動画編集機能もここ数年で着実に進化している。スマートフォンアプリの一番の欠点は、タッチ操作ができないことと、キーボードショートカットができないことだ。しかし、実際の編集機能については、驚くほど充実してきている。

例えば、「Enlight VideoLeap」は、魅力的で機能的なデザインの中に、ソーシャルメディアに対応した多くの機能を搭載している。Androidユーザーにとっての問題は、このアプリが歴史的にiOS向けにしか提供されていなかったことで、実際に2017年にはApple独自のApp of the Year賞を共同受賞している。

今回、アプリメーカーのLightricks社がついにAndroidストアに「VideoLeap」を導入したことで、大多数のスマートフォンユーザーがその高度な編集機能を利用できるようになった。

他のモバイル編集スイートと同様に、ソーシャルメディアの視聴者を驚かせることができる編集トリックばかりにこだわっているため、ショートフィルムの編集に使用するものではない。一方で、プロの映像制作者の多くは、オンラインで動画を投稿するが、そのためには迅速で強力な方法が必要となる。

ハリウッドの大物であっても、「いいね!」を連発しなければ意味がない。

Enlight Videoleap for Androidは、本物のデジタルエフェクトをスマートフォンで実現する

VideoLeapの機能は多彩で、スマートフォンでは表現できないようなプロ並みの動画を作ることができる。クロマキーエフェクトなどのシンプルなエフェクトは有用だが、多くの短編コンテンツ制作者にとっては、時間と物理的なセットアップが必要になるだろう。

多くのユーザーにとって興味深いのは、曲のビートに合わせて半自動で編集できる機能だ。このアプリには、その効果に使用できる無料の音楽ライブラリも含まれている。また、語りのために人物のクローンを作成する機能は、Androidを使用しているクリエーターの間で話題になることは間違いないだろう。

また、「Enlight Videoleap for Android」では、上の動画のようにシンプルなキーフレームで動きを編集したり、エフェクトをかけたりすることができる。「Enlight Videoleap for Android」の最大の特徴は、タッチスクリーンの専用インターフェースにこれだけの編集機能を詰め込んでいることだ。他のモバイル編集ソフトは、シンプルなものや、デスクトップ編集のデザインをそのままコピーしたようなものが多い。

スマートフォンでのビデオ編集はまだ始まったばかり

スマートフォンやタブレットでのビデオ編集を可能にしているのは、多くのコンテンツの解像度が驚くほど低下していることだ。10年前に戻ったようで、ビデオの未来が、フルスクリーンで見ることもできないようなものになるかもしれない(Instagramを見てみて欲しい)。ただしこのように軽いファイルを扱うことで、パフォーマンスは驚くほどスムーズになる。

問題は、このような編集パラダイムに慣れ親しんだ若いクリエイターがプロの世界に進出することで、従来の編集スイートがどのように変化していくかということだ。若い映像クリエーターたちは、どの世代よりも、映像の技術的なクオリティーを気にしていないように見える。縦長のアスペクト比で撮影することから抜け出すのは、いつのことになるのだろうか。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience