広告

パナソニックLUMIX GH5 IIレビュー

パナソニック LUMIX GH5 II (GH5M2)が5月下旬に発表され、CineDでは早速入手した。外観は、先代のGH5と同じだが、もちろん多くの機能が進化している。ただし、このアップグレードにより買い替える価値があるのかを検証する。

6月中旬になり、オーストリアウィーンの天気はようやく暖かくなってきた。外に出て太陽を感じられるようになって、レビューにも集中できるようになってきた。そこで今回はGH5 IIのレビューを行う

不朽の名機「LUMIX GH5」については、今さら紹介する必要もないだろう。2016年のフォトキナで初めて紹介され、特に動画に関する大機能を、非常に手頃な価格で提供した。それから約5年が経ち、新たな進化を受けようとしている。外筐を代えないことで、特にケージなどの周辺部品に関しては従来のものを流用でき、コストを節約することができる。もちろん、内部は進化しており、画質が向上し(例えばレンズフレア)、LUMIXライン全体に統一感がもたらされている。

LUMIX GH5 II Pre-Installed V-Log-L
LUMIX GH5 II comes with Installed V-Log-L

LUMIX GH5 IIの改良点(順不同)

  • GH5 IIはマイクロフォーサーズセンサーを搭載しており、画素数などは前モデルと一部似ているが、センサー全体の構造は異なっている。これに新開発の反射防止コーティングを施すことで、全体的なパフォーマンスを向上させている。
  • ヴィーナスエンジンを最新のものに変更し、今後のファームウェアのアップデートに対応できるようにした。
  • カラーサイエンスが改善され、最新のパナソニック基準に更新されている。他のパナソニックのカメラと新しいGH5 IIとのマッチングは非常に簡単になるはず。
  • オートフォーカスシステムは、最新のAFアルゴリズムに更新されている。
  • パナソニックのV-Log Lはすでにインストールされており、追加購入の必要はない。
  • 最新の明るい液晶ディスプレイが搭載され、屋外での撮影が容易になった。
  • ストリーミング機能を追加。まだリリースされていない最新版の “LUMIX LIVE “をインストールするだけで、モバイルの “ストリーミングスタジオ “が完成する。
  • カメラメニューも一新され、最近のLUMIXのカメラと同じものになった。バリカムのような情報画面を含む。
  • シネライクD2およびシネライクV2ピクチャープロファイル
  • 4K/60p 10bit 4:2:0の内部記録が可能になった。
  • GH5と同様のアスペクト比4:3のアナモフィックモードに加え、新たにアナモフィック手ぶれ補正機能を搭載
  • 手ぶれ補正の性能をアップデートした(効果は絶大)。
Cinelike-V2 and Cinelike-D2 picture profiles
Cinelike-V2, Cinelike-D2 and Standard picture profiles

このように多くの改良が施されたこのカメラを実際に使って、短いミニドキュメンタリーを制作した。

LUMIX GH5 II together with the Kit Lens
LUMIX GH5M2 together with the Kit Lens

実際の撮影

新しいLUMIX GH5 IIと付属のパナソニック12-60mm F2.8-4キットレンズを携えて、シンガポール出身で現在ウィーンの舞台芸術大学に留学中の若手ディレクター、ヘザー・タンと合流した。私たちがチームを組んだのは、彼女の1年に1度の最終試験の日だった。もちろん、一緒に過ごした時間には感謝していますが、それ以上に、彼女と彼女のパートナーである指揮者のポール・ボリス・カーツマン氏が作り上げた作品のレベルの高さには驚かされた。パンデミックの中でこのような作品を制作するのは簡単なことではない。

さて、カメラの話に戻ると、LUMIX GH5 IIは、アナモフィックレンズを装着しても快適に作業ができる数少ないカメラのひとつだが、今回はキットレンズを選んだ。理由は、更新された手振れ補正とオートフォーカスシステムがどれだけ機能しているかを確認したかったからだ。付属のキットレンズは、低光量での撮影にあまり適していない。もちろん優れたレンズではあるが、F2.8-4.0では柔軟性が限られている。

改良された手ぶれ補正システムは満足いくものだ。歩きながらの撮影でも、うまく機能する。上記のミニドキュメンタリーの映像は、インタビューを除いて、すべて手持ちで撮影されている。また、アナモフィックレンズを使用する際に専用の手ぶれ補正モードを追加したパナソニックに敬意を表したい。とても便利だ。

LUMIX GH5M2 No auto audio levels
No auto audio levels and extra confirm level step

改善してほしい点

  • EVFの画質向上。より高い解像度での撮影では、フォーカスを判断するためのEVFには高画質が求められる。
  • カメラの上部、録画ボタンの横にあるカスタマイズ可能なボタンは、触ったときに若干の「違和感」がある、ブラインド操作では確認するのが難しい。タレントを追いかけているときなど、これらのボタンの判断が難しい。なお筆者の場合は、ISO/WB/録音レベルに割り当てている。
LUMIX GH5M2. Three buttons above REC
Three buttons above REC, not so easy to operate
  • もう一つの(小さな)問題点は、音声レベルを変更する際に確認する必要があること。ダイヤルアップやダイヤルダウンだけでは不十分で、確認作業が必要になる。このカメラでは「オートオーディオレベル」ができない。このカメラは個人ユーザーをターゲットにしているので、オーディオメニューに入れておくことを強くお勧めする。
  • 筆者の知る限りでは、パナソニックは「レッドレコードフレーム」を最初に導入した。これは実に素晴らしいことだが、RECボタンを押しても記録されないことが何度もあった(そして気づくのが遅かった)。プラスチック製のRECボタンのせいにはしたくないので、フレームの中央に一瞬だけ赤いRECマークを出現させることを提案したい。
  • 正直なところ、優れた手ぶれ補正機能と低照度性能の両方を兼ね備えた「ゴールデンチャンス」だったのに、なぜパナソニックはこのカメラでより高感度なセンサーを採用しなかったのか、疑問だ。
  • LUMIXシリーズで問題となるのは、美しい肌色を表現する能力だ。私はカラーグレーダーの資格を持っているわけではないが、すべての主要なカメラメーカーの中で、筆者が最も苦労しているのはパナソニックのカメラだ。パナソニック独自のLUT “Nicest 709 “を使っても、肌の色が赤すぎる。パナソニックが無料のLUTセレクションを更新して、多くの人にとって有益な最新のLUTファイルを提供することを期待したい。
LUMIX Skin tones tend to red
LUMIX Skin tones tend to red color

オートフォーカス性能

LUMIXカメラが映像クリエーターやコンテンツ制作者の間で非常に人気があるのは周知の事実だが、同時に、ビデオモードでのオートフォーカス性能がもっとしっかりしていれば、ビジネス面でももっと良い結果になっていたかもしれない。パナソニックは、カメラが対象物を認識してロックする方法を常に改善しており、このカメラについても、他の最近のモデルと同様に前向きな進歩が見られるが、性能の一貫性は必ずしもない。メーカーや特定のカメラに関わらず、オートフォーカスの性能はすべての解像度とフレームレートで同じではない。我々はすべてをテストすることはできないが、このカメラを使ってみたところ、C4K/25pとC4K/50pではほぼうまく機能しているようだ。意図しない顔などにフォーカスを合わせてしまうことがあるので、「オートフォーカスの信頼性」を高めることが大切だ。

LUMIX GH5M2 "Start Streaming"
“Start Streaming” – Easy straight forward set up with LUMIX LIVE software and camera

ストリーミング機能

新しいLUMIX LIVEソフトウェアとアプリの初期バージョンにアクセスでき、付属のアプリを使ってカメラをスマートフォンに接続することは困難だったが(成功しなかった)、ノートパソコンには非常に簡単に接続できた。「ストリームURL」と「ストリームキー」を入力して、データをSDカードに保存するだけだ。言うまでもなく、スムースな放送を行うためには、十分に強い安定した無線LANが必要だ。アプリの話に戻ると、パナソニックは、カメラが発売される頃にはアプリの操作は非常に簡単になり、アップル社の認証も得られると保証している。

LUMIX GH5 II for content creators
LUMIX GH5 II for content creators

まとめ

パナソニックLUMIXGH5 IIは素晴らしいカメラだが、このカメラのターゲットユーザーはどのような人たちなのかを考える必要がある。 LUMIXユーザーなら、GH5を更新することで、操作に混乱することは無い。映像に関しては、LUMIXラインの他の最新カメラと組み合わせることは非常に簡単だ。したがって、すでにパナソニックのカメラユーザーの場合は、このカメラを機器に追加することはかなり簡単だ。ただし、ゼロから始めるのであれば、それはまったく別の話だ。 YouTubeでコンテンツを発信している場合、このカメラは有用なツールになる可能性があるが、そうでない場合は、パナソニックにもフルフレームLUMIX S5があるため、選択肢は多くなる。価格はほぼ同じだ(レビューがこちら)。他メーカーのものを見ると、富士フイルム X-T4は、同じ価格で購入できる優れた「時代を超越した」APS-Cセンサーサイズのカメラだ。 (レビューはこちらミニドキュメンタリーはこちら)。結局のところ、それはどのように使うかに要約される。個人的には、次のGH6の方が魅力的かもしれない。もう1つ見逃してはならないのは、放送局との撮影の場合、このコンパクトカメラはニュースやライブの「スタンドアップレポート」を撮影するときに理想的なソリューションになる可能性がある。スマートフォンと良好なネットワーク接続だけで十分な場合もある。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience