広告

パナソニックがLUMIX S 18mm F1.8を発売 – パナソニックへのインタビュー

パナソニックは、LUMIX S 18mm F1.8プライムレンズを発表した。今回パナソニックのイメージングビジネスのプロダクトプランナー、渡邊 慎治氏に、LUMIX Sシリーズのプライムやズームレンズについて話を聞いた。

パナソニックのLUMIX S 18mm F1.8レンズは、これまでのSシリーズで最も広角なレンズだ。それでもF1.8という明るさで、もちろん写真家や映画製作者には喜ばれている。しかし、このSシリーズのレンズは実際にどのように製造されているのか、そして今後どのようなことが期待できるのか。

これらの疑問について、私たちはパナソニックの渡邊氏にインタビューを行った。上記のインタビューでは、パナソニックの哲学と、Sシリーズレンズの開発・製造の背景となるプロセスについて、お話しいただいた。

Panasonic LUMIX 18mm
All five LUMIX S Line primes. Image credit: CineD

Panasonic LUMIX S 18mm f/1.8

新しいLUMIX S 18mm F1.8は、Sラインの5番目のプライムレンズとなる(LUMIX S PRO 50mm F1.4は含まず)。これらのレンズはすべて、明るいF1.8、同様のボディデザイン(サイズと重量)、および同じ67mmフロントフィルター用スレッドを共有している。さらに、これらのレンズは、同様のルックと感触を有している。

LUMIX 18mm
Panasonic LUMIX S 18mm f/1.8 on a LUMIX S5 camera. Image credit: CineD

渡邊氏が述べているように、このようなSラインのプライムレンズの開発には、実は1年半ほどかかるそうだ。この期間に、製品開発チームのメンバーは世界中の写真家や映像制作者を訪ね、新しいレンズの開発における優先順位や要望を聞いている。

LUMIX 18mm
Image credit: Panasonic

一見、面倒なようだが、このようなプロセスを経ることで、適当に焦点距離を決めるのではなく、ターゲットとなるユーザーが本当に必要としているレンズを調査することができる。また、各焦点距離の性能面はもちろん、複数のレンズを交換しやすいようにサイズや重量を統一していることも重要だ。

LUMIX S
Image credit: CineD

さらに、Sラインのレンズ全体のルック&フィールが一致することで、個々のレンズではなく、まさに統一されたレンズシリーズとなる。

同氏は次のように述べている。

個々のレンズの性能を落とさずに統一するという、これまでにないコンセプトのシリーズであり、それを可能にしたのは高度な光学技術であると言えます。

S Lineプライムレンズの特徴

S lineの高速F1.8レンズは、AF駆動にリニアモーターを採用し、高性能と低ノイズを両立している。さらに、メカニカル面では、ガイドシャフトと摺動するレンズ枠との摩擦を低減するために高精度な表面処理を施し、高応答なリニアモーター性能を十分に発揮している。

prime lens
Shinji Watanabe-san with the new LUMIX S 18mm f/1.8. Image credit: CineD

これらのレンズの長い開発期間の通り、将来性が重要であるため、パナソニックはこれらのSラインのプライムレンズで8K解像度を実現している。一言で言えば、実際のカメラボディよりもレンズを長く使って欲しい、将来のカメラボディでこれらのレンズを使えるようにしたいということだ。

フォーカスブリージングとレンズコーティング

渡邊氏によると、レンズブリージングを抑えるには、光学設計時のフォーカスレンズの配置がポイントになるそうだ。なぜなら、フォーカスレンズを通過する光線の角度がブリージングの量に大きく影響するから。

もちろん、映画製作者にとってはレンズブリージングの少ないレンズは必須だ。

LUMIX S 18mm
Image credit: CineD

このようなレンズを購入する場合、完全にコーティングされていないレンズは避けるべきだろう。適用されるレンズコーティングは、レンズのルックや感触、いわばその特徴を定義するだけではなく、ゴースト、フレア、色落ちなどのあらゆる種類の悪影響を劇的に減らすのに役立っている。

パナソニックでは、カメラボディの画質設計チームとレンズの光学設計チームが協力して、画質を最大限に高めると同時に、レンズ(およびカメラ)の全ラインで視覚的出力を一致させるよう努力している。

LUMIX S vs. LUMIX S PRO

ほとんどのLUMIX SラインレンズにはPROの接尾辞は付いていないが、いくつかのレンズにはPROの称号が付いている。その名前が示すように、PROバージョンは非PROバージョンより少し高い性能を持っている。例えば、LUMIX S PRO 50mm F1.4は、より明るいF1.4となっている。

S Line
Image credit: Panasonic

渡邊氏によると、パナソニックは常に性能、大きさ、重さ、そしてもちろん価格との間で可能な限りベストバランスを取るようにしている。

パナソニック LUMIX S のウェブサイトはこちら

フジヤカメラのLUMIXレンズ一覧はこちら

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手