パナビジョンがMillennium DXL2 8Kカメラを発表 - RED Monstro 8K VVセンサーを搭載

パナビジョンがMillennium DXL2 8Kカメラを発表 - RED Monstro 8K VVセンサーを搭載

新しくパナビジョン(Panavision)から発表されたMillenium DXL2は、オリジナルのMillennium DXLをベースに構成されている。どちらのモデルも、PanavisionLight IronREDの業界トップクラス3社の協業で開発されている。しかし今回は、パナビジョンがRED MONSTRO 8K VVセンサーとLight Iron color2 scienceを使用して開発がを行った。

DXL2

パナビジョンとLight Ironのイノベーション担当シニアVP、Michael Cioni氏は次のように述べている。「パナビジョンのラージフォーマットとアナモフィックレンズに関する超大な経験と、REDのMONSTROイメージャーで、映画制作者のニーズと創造性を加速します」

以下のビデオはDXL2のプロモーションビデオ。

DXL2 8Kセンサー

DXL2 8K Sensor – RED MONSTRO 8K VV

このカメラで最も注目されるのはRED MONSTRO 8K VVセンサーだ。16ストップ以上のダイナミックレンジを提供する。16ビットRAW、1600のネイティブISO設定、ProRes4K/60fpsで画質とシャドウディテールの改善に貢献している。

DXL2の8Kセンサーは、幅40.96mm、高さ21.6mmで、super35mmセンサーのほぼ2倍の面積で撮像する。

MONSTRO 8K VVについては、こちらの記事を参照いただきたい。

また、大きなセンサーサイズの利点については、こちらの記事を御覧いただきたい。

Light Ironが自然なシャドウとスキントーンを実現

Light Ironが担当する画像マッピング処理についてのパートでは、Light Iron color scienceを使用して画像をLog形式でカメラに送る。 Panavisionは、「DXL2の新機能、LiColor2(Light Iron Color)は、スムーズなワークフローを実現します。8Kパイプラインにより、高品質のRAW画像を迅速に編集することができます。」と強調している。

下のビデオは、REDの新しい画像処理パイプラインの利点を生かしたLight Ironの説明。

柔軟性

DXL2は、ボディ形状、デザイン、機能のカスタマイズを可能にする柔軟なモジュール構成となっている。

主な仕様

  • センサタイプ – 16ビット、35.4メガピクセルCMOS
  • 解像度 – 8192 x 4320
  • センサーサイズ – ラージセンサー:40.96mm x 21.60mm(対角線:46.31mm)
  • ダイナミックレンジ – 16ストップ (以前のDXLモデルと比較して1ストップ改善)
  • 最大フレームレート – 8Kフルフレーム(8192 x 4320)で60 fps、8K 2.4:1(8192 x 3456)で75 fps
  • コーデック – 8K RAWと4Kプロキシ(ProResまたはDNx)
  • 記録メディア – SSD(1枚で最大1時間)
  • ファイルタイプ – .R3D(RED SDKでサポート)
  • カラープロファイル – Light Iron Color 2(すべての一般的なガマットとトランスファーカーブに対応)
  • 重量 – 約4.5Kg

価格と発売時期

このカメラはレンタル用のため、価格は提示されていないが、現在、DXL2カメラは各国のPanavisionブランチでレンタルできる。

このカメラの特長は、壮大な画質のほかに各社の協力がある。さまざまな技術的ソリューションによってカメラの機能を拡張している。 Panavisionのボディ、REDのセンサー、Light Ironのカラーサイエンスと、各社がベストを尽くしたカメラだ。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する