REDがMONSTRO 8K VVフルフレームセンサーを発表

REDがMONSTRO 8K VVフルフレームセンサーを発表

RED Digital Cinemaは、MONSTRO 8K VVと名付けられたWEAPONカメラ用の新しいフルフレームセンサーを発表した。フルフレームフォーマットで最大8K /60fpsで撮像することができる。

REDによると、MONSTROはセンサー技術の進化の一歩で、フルフレームフォーマットで最大8K /60fpsで撮像することができ、また35.4メガピクセルの静止画画像を撮影し、最高300MB/sという非常に高速のデータ速度を実現している。

RED Digital Cinema Inc.の社長、Jarred Land氏がFacebookページに投稿している「MONSTRO 8K VV。すべての新しいピクセルデザイン。ドラゴンVVよりも2/3stopダイナミックレンジが広い。In Camera IPP2 (Image Processing Pipeline 2)で色精度が向上している。」

低ノイズレベル

さらに、REDのVimeoチャンネルには、REDのMONSTRO 8K VVセンサーのノイズ性能に注目し、低照度シーンでのノイズ性能をDRAGON 8K VVと比較している。

ビデオ(下のスクリーンショットをクリック)に見られるように、3番目のフェーズはISO 6400時、MONSTROで劇的なノイズ改善がみられる。(画像は200%に拡大している)

Dramatic noise improvement with MONSTRO is shown in high ISO 400% scaled

Jarredによると、MONSTRO 8K VVは今日からVV予約保有顧客への出荷を開始するとのこと。

このセンサーとHeliumセンサーを比較テストするのは興味深い。

ソニーがフルフレームセンサーを搭載したVENICEを発表したが、REDもフルフレームセンサーでソニーに続いた格好だ。 VENICEは2月に出荷される予定。

REDのWebサイト(英語サイト)によると、新しいWEAPONの価格は79,500ドル(BRAINのみ)で、カーボンファイバーWEAPONのユーザーは29,500ドルでアップグレードできる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する