広告

ProGrade 512GB UHS-II V90 SDXCカードレビュー – Canon C70 RAWに対応しているか?

ProGrade 512GB UHS-II V90 SDXCカードレビュー - Canon C70 RAWに対応しているか?

最近発売されたProGrade 512GB UHS-II V90メモリカードは、SDXCメモリカードの分野ではトップに近い位置にある。300MB/sの読み込み速度と250MB/sの書き込み速度、そしてもちろん、512GBの容量があれば、カメラで撮影した4K RAWの映像に対応できる。しかし、実際の現場ではどうなのかをレビューした。

静止画や動画の世界ではCFexpressフォーマットへの移行が進んでいるが、高速で信頼性の高いSDXCメモリーカードを使用するカメラが存在する。これらの素晴らしいカメラの中には、キヤノンEOS C70がある(ラボテストはこちら。ファームウェアダウンロードはこちら

canon C70 with 35mm f/1.8 lens
The Canon C70 camera…now with Canon RAW! Image Credit: CineD

Canon C70は4K撮影時、特にCanon RAW撮影時にデータ量が多くなる。これまでメモリーカードはSanDiskが市場をリードしてきた。以前のV90 SDXCのラインナップは、わずか128GBの容量が上限だったため、Progradeの459ドルの512GB UHS-II SDXC V90の登場は、Canon C70の撮影者にとって頼れる選択肢となる。

Progradeの512GB UHS-II SDXC V90(以下、Prograde512GB V90カード)をいくつかのテストした。

  • 容量のダブルチェック – 本当に512gbの空き容量があるか?
  • キヤノンC70 RAW/XF-AVC T-動作するか?
  • Blackmagic Disc Speed Softwareによる持続的な読み取り/書き込みテスト(ここから無償で入手できる)
  • AJAシステムテストLite(こちらで無料配布中)
  • SanDisk 128GB Extreme PRO UHS-II SDXC 対 ProGrade Digital 128GB UHS-II V90パフォーマンステスト

その前に、同等の製品を持つもう1つの競合製品、Wise 512GB V90 SDXC UHS-IIメモリーカードについて触れておこう(ただし、価格は699ドルと高価だ)。

容量チェック/追加プログレードソフトウェア

Image Credit: Graham Sheldon / CineD

私のMacBook Proによると、ProGrade 512GB V90は確かに512GBの容量を持っている。(Windowsデバイスでは異なる結果が返ってくるかもしれないが)。このような小さなカードの中に512GBの容量があることは、驚くべきものがある。

この手のカードには、心理的なハードルがある。512GBのカード1枚で1920×1080の映像を撮影しているときに何かあったら大変だ。128GBの利点は、30分ごとにカードを入れ替える必要があるとはいえ、何かあっても1日分を失うわけではない、という安心感がある。

私やあなたの心配を解消するために、ProGradeは “リカバリープロ “と “リフレッシュプロ “という無料のソフトウェアを提供している(購入時に必要)。”リカバリープロ “は、偶発的なフォーマットや他のタイプのカード問題が発生した場合、カード上の失われたファイルを回復できる。「リフレッシュ・プロ」は、プログレードカードのパフォーマンスを最適化することを目的としている。両プログラムは、こちらからダウンロードできる。

Refresh Pro returning results of a scan on the 512GB. Image Credit: Graham Sheldon / CineD

ProGradeソフトウェアは、ProGradeリーダーとProGradeブランドのメモリーカードの両方でのみ動作することに留意いただきたい。フラッシュメモリが時間とともにどのように劣化するか、そしてなぜ「リフレッシュ・プロ」のようなプログラムが大切なメモリカードの長期的な使用に必要なのか、の有用な記事がこちらにある。

C70でProGrade 512GBカードを使用した結果(RAWとXF-AVC UHD)

最初にProGrade 512GB V90カードをCanon C70に挿入したとき、メディアの警告は表示されなかった。C70はメディアが仕様に合っていない場合、ユーザーに警告を出す。私の古いSDXCカードの中には、Canon C70でうまく動作しないものがある。その理由は、このカメラが、より高速で大容量のCFexpressメディアに移行する時期に発売されたからだ。私たちC70ユーザーは、CFexpressフォーマットへの移行に乗り遅れたかもしれないが、だからといって、このカメラが優れていないわけではない。

私にとっては、新しく追加されたキヤノンRAW ST、LT、または信頼できるXF-AVC UHDフォーマットを撮影できることが、ProGrade512GB V90カードの主な購入動機になる。ProGrade 512GB V90カードは、C70のRAW STとLTを含むすべてのフォーマットで動作し、その容量で素晴らしい記録時間を得ることができる。

  • C70でRAW STを23.98fpsで171分(4096×2160 398Mbpsでロック)
  • C70でRAW LTを263分(23.98fps)(4096×2160 259Mbpsでロック)
  • XF-AVC YCC422 10ビット 3840×2160 410Mbps イントラ 23.98で166分

ちなみに、128GBのカードでは、23.98fpsのRAW STが42分、23.98のXF-AVC UHD 4Kが41分となる。C70で3時間近いRAW STを記録できるのは、1枚のカードにすべてを入れることに不安を感じていた私にとっては、この上ない喜びだ。個人的には、本当にミッションクリティカルな1ショットコンテンツには、2枚の512GBカードで同時に再生するデュアルスロット記録モードにするかもしれない。

Björn Kurtenbach氏がC300 MK III(C70と同じセンサー)を使って撮影した動画は、その理由を説明してくれている。

C70との互換性の問題に終止符を打つため、私は512GBのカードで、性能の低下や発熱の問題がないかどうかを確認した。RAW STの記録テストでは、シャックバックも警告表示もなかったことを報告しておく。

リード/ライト・テスト:512GB V90

Image Credit: Graham Sheldon / CineD

AJA System Test Liteを使用して、ProGrade 512GB V90のFrames/SecondとMB/Secondで表されるリード/ライト速度をチェックした。繰り返しになるが、このソフトはこちらから無料で入手できる。様々な解像度やコーデックに対応した記録・再生が可能なドライブシステムの能力を予測することができる。

カードはあらかじめC70用にフォーマットし、すべてのテストはProGrade Digital Dual-Slot UHS-II SDXC USB 3.2 Gen 2 Type-C Card Reader(データ転送速度最大1.25GB/sを公称)を使用した。

AJA System Test Liteは、特定のファイルサイズを設定してストレステストを行うことができる。標準的なUHD 4KとProRes(HQ)は、素晴らしいベンチマークとなる。テレビの場合、アスペクト比が16×9のため、Cinema 4KではなくUHD 4Kで撮影することが多い。

結果はFrames/sで表現されている。

MB/秒の結果がこちら

MB/Secの結果をグラフで表現したもの。

すでにご存じのように、V60カードは最低60MB/s以上の持続書き込み速度がなければV60の分類を得ることができず、V90カードは最低90MB/sの持続書き込み速度がなければV90の指定を受けることができない。上の2つのグラフによると、私たちは確かにここでスピードのあるV90カードをテストしている。

そして、こちらはBlackmagic DesignのDisk Speed Testソフトウェア(Version 3.4)を使用したRead/Write 5GBのストレステストだ。ここでもこのソフトは無料でダウンロードできるので、ご自宅のメディアでテストできる。カードはあらかじめC70用にフォーマットしてある。

SanDisk 128GB Extreme PRO UHS-II SDXC 対 ProGrade Digital 128GB UHS-II V90パフォーマンステスト

好奇心から、149.99ドル(2022年5月現在199.99ドルから値下げ中)のSanDisk Extreme PRO UHS-II V90と149.99ドルのProGrade 128GB UHS-II V90を、BlackmagicとAJA両方のソフトウェアを使って直接比較してみた。

ここでは、SanDisk 128GBのMB/sテストを4GBに設定し、512GB V90のテストと同じ解像度とコーデックを設定している(参考までに、設定は下のスクリーンショットの左側にある)。

次にSandisk 128GBのMB/sのBlackmagic Disc Speed Test。

AJAに対してBlackmagicソフトウェアでは、MB/sの書き込み結果がわずかに良好だ。

そして、今度はProGrade 128GBを見てみる。まず、AJAソフトウェアで同じコーデックと解像度を設定した場合。

この結果と上記のSanDiskの結果を比較すると、読み込み/書き込み速度で同じようなところに着地していることが分かる。私の推測だが、おそらくこれが、SanDiskがProGradeの現在の価格とより近くなるように価格を下げた理由だろう。

そして今度は、Blackmagic Disc Speed TestとProGrade 128GBで同じ5GBのストレステストを行ってみた。

ここでもほぼ同じ結果で、書き込み速度はわずかにProGrade 128GBに軍配が上がった。また、両方の128GBカードの容量を再確認したところ、宣伝されている128GBの容量に収まっていた。

長期的な信頼性はさておき、純粋なパフォーマンステストの観点からは、SanDiskとProGradeのV90 128GBのどちらを選んでも非常に快適に使用できると思われる。

Image Credit: Graham Sheldon / CineD

まとめ

CFexpressへの移行が進む中、多くのカメラプラットフォームやオーディオミックスデバイスが、実績のあるSDXCメモリーカードに依存している。ProGradeの利点は、大容量で高速な512GBカードを探しているすべての撮影者、特にC70ユーザーのニーズを満たしていることだ。

写真家や撮影監督にとって、メモリカードのメーカーを選ぶ際には信頼性が必要だが、ProGradeのリード/ライト速度は侮れない。459ドルという価格も、他の512GB V90の競合製品より数百ドル安く設定されている。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手