ソニーα7SIIIからの4K60p ProRes RAW出力がNinja Vで記録可能に

2020.9.21
ソニーα7SIIIからの4K60p ProRes RAW出力がNinja Vで記録可能に

Atomosは、Ninja Vモニター/レコーダーの無料ファームウェアアップデートを発表した。これにより、カメラのHDMIからのProRes RAW記録を可能にする。このアップデートでは、カメラのフルフレームセンサーから最大4K60pで12ビットのProRes RAWを記録できる。

ソニーα7SIIIにも対応

数か月前、α7S IIIのレビューをリリースし、 AtomosがHDMI経由のProRes RAW記録をサポートすることをお伝えした。

α7S IIIはフルサイズのHDMIポートから16ビットのリニアRAWを出力でき、Ninja Vはその信号を最大4K60pの12ビットProRes RAWファイルとして記録できる。また、Ninja Vでは、この信号を10ビットの422 LogまたはRec.709ビデオとして最大4K60pでProResまたはDNxコーデックで記録することもできる。

Image credit: Atomos

記録モードと制限事項

AtomosのAtomosOS V10.54リリースノートによると、Ninja Vとα7S IIIの組み合わせで可能な記録形式とフレームレートは次のとおり。

  • 4.2K ProRes RAW記録
    • クロップされていない4264 x 2408、23.98p、25p、29.97p、50p、59.94pでのメタデータモード。
    • クロップされた4240 x 2385、23.98p、25p、29.97p、50p、59.94pでのメタデータモード。メタデータクロップは、RAWデータを、16:9に変換する簡単な方法。.
  • ProRes RAW 12ビットLog記録:12ビットログに変換された16ビットリニア(視覚的にロスレスプロセス)。
  • ProResおよびDNX記録(10ビット422)
    • 23.98p、25p、29.97p、50p、59.94pでの4KUHD(3840x2160p)記録
    • 23.98p、25p、29.97p、50p、59.94pでのHD(1920x1080p)記録
    • 50i、59.94iでHDインターレース(1920x1080i)
Image credit: Atomos

これはすばらしいことだが、いくつかの制限がある。

2TB SSDでの大きなファイルはNinja Vで正しく再生されない場合がある。これはNinja Vでの再生にのみで、記録されたファイルには影響しない。

Ninja Vはビデオ信号のロックが一時的に失われると、自動的に記録を再開しない場合がある

ホワイトバランスとISO調整は現在、Final Cut Pro Xでは利用できない

RAWからHDRへのHDMI出力– PQ / HDR10出力変換が正しく表示されない場合がある。

While these limitations are “minor,” you better know them if you plan on purchasing this combo.

価格と発売時期

Atomos Ninja Vモニター/レコーダー用のAtomOSアップデートが、無料でAtomosのWebサイトから直接ダウンロードできる。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する