広告

ザハトラー(Sachtler)が100mm三脚「aktiv10T」「aktiv12T」「aktiv14T」を発売

ザハトラー(Sachtler)が100mm三脚「aktiv10T」「aktiv12T」「aktiv14T」を発売

ザハトラー(Sachtler)は、タッチアンドゴープレートを搭載した100mm三脚の新シリーズ、ザハトラーaktiv10T、aktiv12T、aktiv14Tを発表した。これらの三脚はすべて、ザハトラーのスピードスワップとスピードレベル技術を採用しており、三脚を素早く取り外して水平にすることができる。また、すべての雲台は、7+7段階のドラッグ調整、15段階のカウンターバランス、14Tは最大16kgまでのカメラをサポートする。

三脚の雲台といえば、ザハトラーは確固たるブランドだ。ドイツのこのメーカーは、長年にわたって最先端の三脚と雲台を製造しており、その製品はフィールドで酷使されても十分に耐えられる。

ザハトラー・アクティブ三脚雲台

2020年10月、ザハトラーは75mmと100mmのボウル型三脚ヘッド「aktiv」ラインを発表した。これらの雲台は、三脚の脚から雲台を水平にしたり、取り外したりする方法に革命的な工夫が施されていた。

Image credit: Sachtler

aktiv三脚のフロントレバーを半分ほど引くと、カメラを素早く簡単に水平にすることができる。もう三脚ボウルアダプターのネジを外す必要はない。また、aktiv三脚をスティックから取り外す際も、レバーを完全に引くことで簡単に取り外すことができる。

ザハトラーは今回、重いカメラを持つ映像制作者のために、3つの新しい100mm三脚ヘッド、aktiv10T、aktiv12T、aktiv14Tを発表した。

Image credit: Sachtler

ザハトラー aktiv10T、aktiv12T、aktiv14Tの特徴

ザハトラーaktiv10T、aktiv12T、aktiv14Tは、以下のような共通点がある。

  • すべての三脚座は、100mmボウルを備えている。
  • スピードレベル、スピードスワップ機能により、三脚を素早く水平にしたり、取り外したりすることができる。
Image credit: Sachtler
  • パンドラッグ調整7段階、チルトドラッグ調整7段階
  • カウンターバランス15段
  • タッチアンドゴープレート内蔵

三脚の主な違いは最大積載量で、どの雲台も最低積載量は0となっている。aktiv10Tは最大12kg、aktiv12Tは最大14kg、aktiv14Tは最大16kgのカメラに対応する。

All tripod heads feature a Sachtler Touch-and-Go tripod plate. Image credit: Sachtler

既に発売されているザハトラーのaktiv10は、ベースプレートはSideload Sだった。新しいaktiv10Tは、Sideload Sの代わりにタッチアンドゴーベースプレートを搭載しているだけで、機能面ではaktiv10と同じだ。

価格と発売時期

ザハトラーのaktiv10Tは2688.50ドル、aktiv12Tは4018.50ドル、aktiv14Tは5054.00ドルで販売される。どのヘッドも現在予約受付中で、flowtech100のスティックとのパッケージもある。aktiv10Tが最もコストパフォーマンスに優れており、これを選んでおけば間違いないだろう。

詳しくは、こちらのザハトラーのホームページをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する