Simon Says - DaVinci ResolveのAI字幕起こしツール

Simon Says - DaVinci ResolveのAI字幕起こしツール

Simon Saysは、DaVinciResolve用のAIトランスクリプションツールを発表した。残念ながら、現時点では、macOSのみ対応している。

DaVinci Resolve 用のAI字幕起こしツール

SimonSaysはビデオプロフェッショナル向けのAIベースのトランスクリプション専門会社で、DaVinciResolveで、はじめてAIトランスクリプションをサポートすると発表した。

Simon Saysは、今回サポートした DaVinci Resolve(FreeバージョンとStudioバージョンの両方)以外でも、Final Cut Pro X、Adobe Premiere Pro、 Avid Media ComposerなどさまざまなNLEですでに実現している

使用法

まず、AppleStoreにあるSimonSaysTranscriptionアプリをダウンロードしてインストールする必要がある。次に、Pythonスクリプトをインストールし、SimonSaysのウェブサイトにあるチュートリアルに従って進める。

起動して実行したら、インポートして文字起こしするクリップを選択できる。SimonSaysによると:

スピーカーラベルを追加し、ブックマークを付けて、ビデオトランスクリプトエディタで編集します。チーム内で主要なサウンドを特定し、Resolveにエクスポートします。これにより、元のクリップに添付される、話者を区別するための色分けされた遠隔トランスクリプトマーカーを受け取ります。編集は、オーディオをスクラブして別のプログラムの編集リストに戻すよりもはるかに効率的になりました。

Image credit: Simon Says

キャプションと翻訳

もう1つの優れた点は、Resolve内で直接ビデオ編集に字幕を付けたり、字幕を翻訳したりできること。翻訳できる言語は100を超える。

価格と発売時期

Simon Saysは従量課金制のサービスで、1時間あたり約15ドルの価格。 1時間あたりのコストが低いサブスクリプションモデルも利用できるが、月額料金または年額料金がかかる。

最後に、Simon Saysにサインアップして無料のクレジットを取得し、テストできる。詳細についてはこちら

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する