SmallRigが軽量マットボックスを発表

SmallRigが軽量マットボックスを発表

SmallrigのLightweight Matte Boxは、2つの標準的な4×4インチと4×5.65インチのフィルターに対応でき、カーボンファイバー製のトップフラグがある。シネマレンズに直接取り付けるための114mmクランプと、フォトレンズ用の4つのアダプターリング(67mm、72mm、77mm、および82mm)も備えている。オプションで、95-114mmアダプタリングと15mmLWSロッドサポートがも用意されている。現在79.99ドルで予約注文できる。

SmallRigは中国の会社で、手頃な価格のカメラアクセサリーで知られている。同社は、事実上全ての一般的なカメラ用に対応するアクセサリーを製造している。 今回SmallRigは、新しい手頃な価格の軽量マットボックスを発表した。

SmallRig Lightweight Matte Box

SmallRigはすべての製品で検索を容易にするため、4桁の数字を使用しており、このLightweight Matte Boxの場合、部品番号は2660となっている。

その名の通り、このマットボックスの主なセールスポイントは、その軽量設計にある。トップフラグがない場合の重量はわずか238gだ。トップフラッグを付けた状態でも457gに留まる。サイズは228.5x 166 x72mm。

Lightweight Matte Box. Source: SmallRig

SmallrigのLightweight Matte Boxは、シネマレンズとフォトレンズの両方に対応する交換可能な取り付けシステムを備えている。 114mmクランプが付属しており、114mmシネレンズに直接取り付けることができる。また、67mm、72mm、77mm、82mmの4つのアダプターも同梱されており、レンズのフロントフィルタースレッドにねじ込むことができる。 95mmレンズ用のアダプターは別途購入できる(部品番号2661)。

Lightweight Matte Box. Source: SmallRig

Lightweight Matte Boxは2つの独立したつまみネジを備えており、フィルタートレイを使用せずに最大2枚の4×4インチまたは4×5.65インチフィルターを装着できる。上部のつまみネジを緩めることで、フィルターに指紋を付けずに、側面から簡単に押し出すことができる。

カーボンファイバー製のトップフラグ

このSmallRigのマットボックスのトップフラグはカーボンファイバー製で軽量化に貢献しており、不要な光がレンズに到達するのを防ぐ。折りたたむとマットボックスのフロントカバーになる。マットボックスの表面は、内部反射を防ぐために反射防止処理がされている。

Lightweight Matte Box. Source: SmallRig

上部には4つの1/4″-20ネジがあり、アクセサリーを取り付けることができる。マットボックスはレンズによって保持されるが、重量が重くなる場合、オプションの15mm LWSロッドクランプ(部品番号2663)が使用できる。

Lightweight Matte Box – Optional Accessories. Source: SmallRig

SmallRigのLightweight Matte Boxは、ほぼ1年前にリリースされたTiltaのミニマットボックスと同じ価格だ。これら2つの製品を比較すると、Tilta製品はSmallrigの約半分で軽量だが、4×5.65インチフィルターと円形フィルターを1枚ずつしか使用できない。どちらも複数の取り付けポイントがあり、トップフラグとアダプターリングを持つ。

価格と発売時期

SmallRig Lightweight Matte Box(2660)は、99.90ドル。パッケージにはトップフラグとマットボックスの他に、4つのアダプターリング(67-114mm、72-114mm、77-114mm、82-114mm)と2つの六角レンチも含まれている。

Lightweight Matte Box – Package. Source: SmallRig

オプションで、マットボックス用のSmallRig 15mm LWSロッドサポート(2663)を29.90ドルで、95-114mmスレッドアダプタリング(2661)を11.90ドルで事前注文できる。

これらの新製品はすべて2020年12月18日に出荷を開始する予定。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する