アップルがiPhone 11 Proで撮ったショートムービーを公開h

2019.12.8
アップルがiPhone 11 Proで撮ったショートムービーを公開h

アップルは、iPhone 11 Proで撮影したショートムービー「Snowbrawl」をリリースした。監督はDavid Leitchデイビッド・レイッチ:ジョン・ウィック、アトミック・ブロンド、デッドプール2などの作品がある)。作品とメーキングをYouTubeで見ることができる。

Snowbrawl – Movie shot on iPhone 11 Pro. Source: Apple

アップルはショートムービーをマーケティングツールとして利用することが多く、有名な映画監督に同社の製品を使って短編映画を撮らせるのは初めてではない。iPhoneで長編映画を撮影した例もあり、iPhoneで撮影された映画のリストもある。今回、同社はDavid Leitch監督に新しいiPhone 11 Proでショートムービーを制作することを依頼した。

David Leitchはハリウッドの映画監督で、俳優、スタントマン、作家、プロデューサー、スタントコーディネーターでもある。彼は、ジョン・ウィック(原題 John Wick:2014)、アトミック・ブロンド(Atomic Blonde:2017)、デッドプール2(Deadpool 2:2018)、ワイルド・スピード/スーパーコンボ(Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw:2019)を監督している。

「Snowbrawl」をiPhone 11 Proで撮影

Snowbrawlはわずか1分34秒の短編映画だが、Leitch監督とクルーは短い時間で魅力的な物語を創った。内容は雪合戦。主人公は若い女の子で、兄と雪合戦をする。彼らは数人の友人とともに戦い、女の子のチームが戦いに勝ち、テディベアを勝ち取るという設定だ。

メーキングビデオもiPhone 11 Proで撮影されているが、ここでDavid Leitch監督がこの撮影について語っている。彼はこの作品を撮るにあたり、アクション演技の重要性を述べている。

また、リグを装着したiPhoneも興味深い。大半は手持ちで撮影され、一部ジンバルも使われている。様々な小道具にiPhoneを取り付け、興味深いアングルで撮影している。

しかし最も重要なアクセサリーと思われるNDフィルターが取り付けられていないのは興味深い。おそらくNDフィルターを使いたかったのだろうが、アップルがiPhoneに搭載された3つのカメラを見せたかったのだと思われる。よく見ると、映像のほとんどが高いシャッタースピードで撮影されていることがわかるが、これはこれで一つの見せ方になっている。

また、Momentのレンズなどの外付けレンズも使用されたようには見えず、本体のレンズのみで撮影されている。

iPhone 11 Pro rigged to a prop. Source: Apple

新しいiPhoneは映画製作者にとって非常に有用なツールだが、この作品が成功しているのはスタッフの力も大きい。クルーには照明の担当者もおり、映画の最終的な仕上げには、ポストプロダクションとサウンドデザインに加え、適切な照明が重要な役割を果たしている。明るいシーンでは、iPhoneの8ビットコーデックの制限を最小限に抑えている。

Snowbrawl – Movie shot on iPhone 11 Pro. Source: Apple

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment