Core SWXがソニーFX9用バッテリープレートを発売

Core SWXがソニーFX9用バッテリープレートを発売

Core SWXは、ソニーPXW-FX9用のVマウントおよびゴールドマウントバッテリープレートを発売した。これらは、19.5V DC出力とFX9本体に直接取り付ける2つの電源タップを備えたアルミニウム製のプレート。価格はどちらも約499ドルで現在予約可能。

Core SWX Battery plates for Sony FX9. Source: Core SWX

ソニーの新しいフルフレームシネマカメラFX9は、今年のアムステルダムでのIBCショーで導入され、間もなく出荷が開始される。FX9の記事は以下の通り。

多くのサードパーティメーカーがFX9用のアクセサリーを発表し始めている。その1つがCore SWXで、Vマウントおよびゴールドマウント(3スタッド)バッテリープレートを発表した。

Core SWXFX9バッテリープレート

ソニーPXW-FX9用のバッテリープレートが、ゴールドマウント(3スタッド)バージョン(CXA-FX9)とVマウントバージョン(CXV-FX9)で発売される。これらはXDCA-FX9拡張ユニットの電源オプションとして機能する。 Core SWXプレートの価格は約499ドル。

Core SWX V-mount plate for Sony FX9. Source: Core SWX

Core SWXプレートはアルミニウム製で、カメラのバッテリースロットに挿入する。またカメラの上部にも取り付けられる(付属のネジ金具付き)。これにより、バッテリーをFX9に直接取り付けることができる。

プレートには、19.5V DC出力とバッテリー残量警告LED、および外部電源とオンボード電源のホットスワップ可能な4ピンXLR DC入力がある。また、別のアクセサリーに電力を供給するための2つの電源タップも装備されている。背面のUSBポートは、カメラのファームウェア更新用。

ゴールドマウントバージョンは、Vマウントバージョンよりわずかに背が高い。その理由は、フルサイズのゴールドマウントバッテリーも縦方向に取り付けられるようにしたことによる。

Core SWX Gold mount plate for Sony FX9. Source: Core SWX

主な仕様

  • 入力:DC11.9V-16.8V(オンボードおよび4p XLR DC入力)、入力はホットスワップ可能
  • カメラ出力:DC 19.5v
  • 電源タップ:DC 11.9-17V、規制なし
  • サイズ:5.4″ x 3.35″ 3.7″(約13.7×8.5×9.4cm)
  • 重量:1.2ポンド(約544グラム)
  • ファームウェアポート:マイクロUSB
  • LED電源表示:2色(赤/緑)

価格と発売時期

Core SWX のFX9バッテリープレートは現在予約注文可能。出荷は12月末を予定。価格は499ドル前後に設定されている。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

SONY PXW-FX9(本体のみ)

画像のレンズは付属しません

 

 

SONY PXW-FX9K(キットレンズ付属)

 

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する