ソニーがRX10 IVのファームウエアアップデートをリリース - 動物用リアルタイム瞳AFを追加

ソニーがRX10 IVのファームウエアアップデートをリリース - 動物用リアルタイム瞳AFを追加

ソニーは、人気の高いレンズ一体型カメラ、RX10 IVの新しいファームウェアアップデートをリリースした。このファームウェア2.00により、動物に対するリアルタイム瞳 AFが追加される。

RX10 IVファームウェアアップデートの概要

RX10 IVは、2017年にリリースされたレンズ一体型カメラだ。現在のところ、このカテゴリで最も高価なカメラの1つで、20MP BSI CMOS Exmor Rセンサーと、内蔵のZeiss Vario-Sonnar T * 24-600mm F / 2.4ズームレンズを搭載している。最大24フレームでJPG / RAWの静止画を撮影できる。また、オートフォーカスのパフォーマンスは、レンズ一体型カメラでは最高のものの1つだ。0.03秒のAF速度と被写体追跡性能はビデオモードでも機能する。

SonyRX10IV_01

sony rx10 IV. Image credit: Sony

ビデオ機能では、XAVC S / AVCHDで、4K UHD/30fpsで記録できる。また、FHDでは最大60fps、912 x 308では最大1000fpsでスローモーション撮影できる。マイクロHDMIポート、マイク入力、3.5mmヘッドフォンジャック、およびWi-Fi / Bluetooth機能も搭載している。

ファームウェア2.00では、次の機能が追加された。

  • 動物に対するリアルタイム瞳AFを追加
  • シャッターボタン半押しで、リアルタイム瞳 AF
  • 手振れ補正機能の向

動物用のリアルタイム瞳AFは、α7R IIIやα7 IIIフルフレームミラーレスカメラで既に搭載されているが、普及価格のカメラにも採用されつつある。

SonyRX10IV_Featured

The real-time Eye AF for animals of the Sony RX10 IV tracks both eyes of your favorite animal.

価格と発売時期

RX10 IVのファームウェア2.00は無料でソニーのWebサイトから入手できる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する