ソニーZV-E10レビュー

ソニーが「ZV-E10」を2ヶ月遅れでようやく発表した。これはソニーのブログ用フラグシップ4Kカメラになるとされたカメラで、実際に使ってレビューした。

ブロガーというのは、時代を象徴するようになった新しい職業だ。誰もが動画を発信できるようになった。YouTubeのような無料のプラットフォームがあり、資格が必要なわけではないので、誰もが簡単に動画を発信できる。これに伴い、カメラも、ほとんどのカメラメーカーが対応する製品を送り出している。

カメラの歴史を振り返る

ソニーは、早くからコンパクトカメラを作っている。今から10年前の2011年初頭、私はBBCのニュース番組の撮影のために、小さくて高性能なソニーDSC-HX9Vを初めて導入した。このポケットサイズのカメラは、小さなセンサーと固定式のズームレンズを搭載していたが、私が最も記憶しているのはIBISの機能で時代の先端を行っていた。

その後、2012年にコンパクトで大型のAPS-Cセンサーを搭載したソニーのNEX-5nに出会い、BBCのニュース部門でも撮影をするようになった。

NEXシリーズのカメラは成長を続けていたが、最終的には ” α5/6xxx “という新しいカメララインに取って代わられた。その後、APS-Cサイズのコンパクトなレンズ交換式カメラが続々と市場に登場し、現在に至っている。

A voice from the past – Working with Sony’s DSC-HX9V and NEX 5n

2020年になって、ソニーはブロガーのための初の4Kカメラ「ZV-1」を発表した。このカメラは、1インチのセンサー、内蔵ズームレンズ、優れた手ぶれ補正システム、回転式液晶画面、3つのマイクカプセルによる強化されたオーディオ、そして内蔵NDフィルターを備えている。全体として、コンパクトで手頃な価格のパッケージだ。そして、10年以上前に発表されたソニーのDSC HX9Vと、現代のZV-1(レビューはこちら)との間には、直接的なつながりがあるように思える。

私が思うに、ZV-1の最も素晴らしい点は、だれもが、プロでさえも気軽に持ち歩けるカメラだということ。しかし、1年後の今、ソニーは新しい「ZV-E10」を発表し、ブロガー用カメラのコンセプトをさらに一歩進めようとしている。より大きなAPS-Cセンサーとレンズ交換機能を備えたこのカメラは、新たな高みを目指し、多くの人の注目を集めることになるだろう。

Sony ZV-E10 with Vari-angle LCD screen
Vari-angle LCD screen. Image credit: CineD

ZV-E10の概要

レンズ交換式のコンパクトなカメラは、パナソニックのG100もその一つだ。 これは、より小さなマイクロフォーサーズセンサーを搭載し、EVFを内蔵している(レビューはこちら)。

ソニーのα6xxxシリーズのユーザーであれば、そのボディサイズやメニュー構造、さらにはヘッドフォンジャックにも違和感を覚えないだろう。しかし、以下のようなブロガーのニーズに即した機能が追加されている。

  • フロント・タリーライト
  • レッドカラーの録画警告スクエアで録画状況を確認しやすい
  • デジタルオーディオインターフェースに対応したマルチインターフェースシュー
  • 指向性スリーカプセルオーディオマイク
  • カメラ同梱のウインドスクリーン
  • バリアングル液晶画面
  • ヘッドホン端子とマイク端子を装備
  • 背景を和らげる「ボケスイッチ」ボタンを搭載
  • ワンタッチで操作できる「ビデオ/フォト/S&Q」ボタン
ZV-E10 front Tally light for easy self recording
Front Tally light. Image credit: CineD
Sony ZV-E10 can diffuse the background in a touch of a button
Diffused background with a touch of a button. Image credit: CineD

概要

ZV-E10をよく見てみると、ソニーは「α6xxx」と「ZV-1」の2つの独立したカメラを統合しようとしていることがわかる。

ZV-E10がα6xxxラインから受け継いだもの(ボディサイズ、レンズ交換機能、メニューなど)についてはすでに述べたが、それ以外の新機能、例えばフロントタリーライト、3つのカプセルのオーディオマイク、バリアングル液晶画面、背景を和らげるボタンなどは、すべてZV-1から受け継いだものだ。これによりブログ専用カメラから万人にアピールできるカメラになったかと言えば、残念ながらそうは思えない。

ZV-E10 Audio - The supplied windshield accessory
The supplied windshield accessory. Image credit: CineD

実際に撮影してみて

ソニーの新型APS-CセンサーサイズのEマウントカメラZV-E10を少しだけ使ってみたが、どちらかというと満足できなかった。もちろん、このカメラには良い要素もある。オートフォーカスは非常に優れている(私の作品はすべてAF-Cを作動させて撮影したが、フォーカスハンティングなどの問題はなかった)。また、3つのカプセルを使ったオーディオも気に入っている。近い将来、Xperia 1 IIのように「ノイズキャンセリング機能」を追加することになれば、このサウンドは非常に優れたものになるだろう。

以下は、私が感じた問題点。

ZV-E10 - Old menu structure
Old menu structure. Image credit. CineD
  • 今回のテストでは、IBIS(In Body Image System)がうまく機能しなかった。アクティブモード(写真を切り取ったもの)でも、うまくいかなかった。背景を見ると、その欠点がよくわかる。
  • メニュー。ソニーのカメラには今、新しいメニュー構造を持つカメラ(A1やα7S IIIなど)と、古い外観や機能に「こだわる」カメラの2つのファミリーがあるかのようだ。なぜこのようなことが起きているのか、私にはよくわからない。
  • 交換レンズは創造性を発揮する素晴らしい手段だが、今回のケースではその必要性があまり感じられなかった。ユーザーレベルによっては、この可能性が様々な理由で障害になることもある。ZV-1のようなズームレンズを内蔵することが望ましいかもしれない。
  • APS-Cセンサーの大型化。あるに越したことはないが、これがブロガーに必要なのかどうか、疑問に感じた。
  • ZV-1のように、このカメラには自動音声記録レベルがない。手動音声記録レベルは非常にありがたいものだが、「フルオートモード」でカメラをセットアップするようなブロガーにとっては、これは障害となる可能性がある。
  • ストリーミング機能の制限。しかし、パナソニックGH5 IIとは異なり、YouTubeへの直接のストリーミング機能はない。
  • ソニーはこの新しいカメラで、2つの重要な要素を削除してしまった。α6xxxラインのカメラにはEVFが搭載されており、私にとっては非常に重要な撮影機能だが、今回のカメラではそれがなくなってしまった。次に、内蔵NDフィルターがない。ZV-1には搭載されていたが、これも削除されたのは残念だ。
For Sony ZV-E10. Two suggested lens variations. Kit and wider
The E/3.5-5.6 PZ 16-50mm OSS kit lens next to the E/4, 10-18mm OSS lens. Image credit: CineD

キットレンズとその他

ZV-E10は16-50mm APS-Cキットレンズと一緒に販売される。このレンズは非常にコンパクトだが、より大きくて重い10-18mmレンズと組み合わせて「SteadyShot」機能をより良い結果にすることが推奨されている。その理由は簡単で、焦点距離が広ければ広いほど、「動きを滑らかにする」という点で目を欺くことができるからだ。16-50mmのキットレンズに話を戻すと、内蔵のズームロッカーを評価する人もいれば、私のようにそのコンパクトさを評価する人もいるだろう。同社の28-60mmフルフレームレンズ(α7Cに同梱)と同じようなデザインの、立派な普通のレンズだ。

Sony ZV-E10 APS-C camera with two suggested lenses
One camera, two suggested lenses. Image credit: CineD

まとめ

急成長している分野にこのようなカメラを投入するのは悪くは無いが、その方法は私にとってあまり明確ではなかった。より大きなセンサーと交換レンズの選択肢を与えながら、同時にEVFと内蔵NDフィルターを取り除くというのは不可解だ。センサーサイズの小さい従来のZV-1は、常にバッグに入れておくという使い方ができ、快適に使えた。また、スマートフォンのカメラでは物足りないユーザーにアピールできた。

しかしZV-E10ではそのようなことは感じられなかった。しかし、もちろんこのカメラに十分満足するユーザーもおられるだろう。

価格と発売時期

価格カメラボディのみのZV-E10は70,290円、キットレンズ付きのZV-E10Lは80,190円。国内では9月17日発売予定で、2021年7月30日(金) 予約販売開始予定となっている。

Sony ZV.-E10 review
Sony ZV-E10. Image credit: CineD

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience