SyncoがWAir-G1-A2ワイヤレスマイクシステムをリリース

SyncoがWAir-G1-A2ワイヤレスマイクシステムをリリース

中国のオーディオ専門メーカーSyncoは、DSLR /ミラーレスカメラ向けのコンパクトデジタルワイヤレスマイクシステム、SyncoWAir-G1-A2をリリースした。このシステムは、1つの受信機と2つの送信機で構成されている。各送信機は内蔵マイクと3.5mmジャック入力を備えており、バッテリーを内蔵している。価格も手頃なワイヤレスマイクシステムだ。

主な特徴

Syncoは、2017年から映像クリエーター向けに手頃な価格のマイクを製造している新興の中国企業。TシリーズUHFワイヤレスマイクを発売しているが、今回Synco WAir-G1-A2を発表した。

このマイクは52 x 42 x 16mm、重量わずか35gと非常にコンパクトで、1つの受信機と2つの送信機で構成されている。

Rode RodeLink / Rode Wireless GO / Comica BoomXなどと同様に、Synco WAir-G1-A2もデジタル2.4Ghz帯域幅を使用する。見通しが良い条件では、50mの距離を伝送できる。

Image credit: Synco

送信機と受信機

ユニットの左側にUSB Type-Cポートとメニューボタンがある。同社によれば、すべてのユニットはバッテリーを内蔵し、バッテリー持続時間は約5時間とされている。 1台の充電には約1時間半かかる。

また、送信機はどちらも3.5mmマイク入力を備えているため、ラベリアマイクを接続できる。すべてのユニットには、Rode WirelessGOやSaramonicのblink500と同様に、コールドシューにも対応するポケットクリップが組み込まれている。

Image credit: Synco

送信機の右側には、ローカットフィルターボタン、ペアリングボタン、リセットスイッチがある。レシーバーには、同じリセットスイッチと、トランスミッターで+ 10dBのゲインブーストをアクティブにする2つのボタンがある。

Image credit: Synco

ラベリアマイクを使用しない場合は、送信機の上の内蔵マイクを使用できる。

レシーバーの上部には3.5mmマイク出力が備わっているため、DSLR /ミラーレスカメラに接続できるが、ヘッドフォン出力もある。従って、カメラにヘッドフォンジャックがなくても、オーディオをモニターできる。

レシーバーでは、モノラル録音とステレオ録音を切り替えるオプションがある。モノラルで録音すると、左右のマイク出力が統合される。ステレオで録音すると、左右別々に記録される。これにより、各人の音声を分離し、後で各レベルを個別に調整できる。

また、受信機と送信機の両方に、電力、バッテリー残量、およびペアリングステータスを示すディスプレイがある。

Image credit: Synco

価格と発売時期

Synco WAir-G1-A2は、149ドルと手頃な価格で、現在予約注文が可能。パッケージには、送信機2つ、受信機1つ、ウィンドジャマー付きラベリアマイク2つ、3.5mm TRS-TRS出力ケーブル、スマートフォン用3.5mm TRS-TRRS出力ケーブル1本、USBType-C充電ケーブル1本が同梱されている。

比較すると、 Rode Wireless GOの価格は199ドルで、送信機は1つしかないが、到達範囲は70mと長くなっている。また、Saramonic blink500の価格は249ドルとなっている。

 

関連商品




SYNCO-MIC-D2 カメラマイク ショットガンマイク 高音質 ハイパーカーディオイド コンデンサー 外付けマイク S/N=80dB 音質クリア 高感度 録音用マイク インタビューマイク ビデオカメラ/動画撮影/映像制作 マイク

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する