広告

TeradekがCtrl.5ワイヤレスレンズコントロールハンドユニットとCTRL.OSを発表

TeradekがCtrl.5ワイヤレスレンズコントロールハンドユニットとCTRL.OSを発表

Creative Solutionsは、RTラインアップにCtrl.5ハンドユニットを発表した。Teradekはこれを 「無限にカスタマイズ可能なコントロールプラットフォーム 」と呼んでいる。このハンドユニットは、同社の新しいCTRL.OSオペレーティングシステムを実行する5″2,000 nitスクリーンを備えている。さらに、Teradek Boltワイヤレストランスミッターからのフィードも表示される。

Teradek は数年前にRTシステムを買収した。RTシステムは数年前にTeradekによって買収され、その後、各部のアップデートを繰り返し、今日のCtrl.5ハンドユニットの発表に至った。私はRTシステムを10年以上使用しており、特にREDカメラとの統合を高く評価している。

Teradek Ctrl.5. Image credit: Teradek
Teradek Ctrl.5. Image credit: Teradek

Creative SolutionsはTeradek、SmallHD、Wooden Cameraを運営している。3つのブランドの強みが1つのユニットに統合されていることがすぐにわかる。5インチのモニターにはSmallHDのディスプレイとOSが搭載されている。ワイヤレスユニットはTeradek Bolt 6トランスミッターと通信し、ビデオ信号を受信する。マウントポイントにはWooden Camera/SmallHDのアンチツイスト接続が採用されている。

Teradek Ctrl.5ワイヤレスレンズコントロールハンドユニット

もちろん、ハンドユニットはフォーカスを引くためのものだ。そのため、右側に大きなハンドノブを備えている。このノブは9段階のテンションを誇る。フォーカスホイールのリングを交換する必要がなく、画面上のウィットネスマークの目盛りを変更できる。フォーカスホイールはあらかじめマークされたリングと互換性があるようだ。

Ctrl.5には、ロッカー、スライダー、「スピードコントロール」ホイールがある。これらのコントロールは、それぞれ好きな軸にカスタマイズできる。例えば、ロッカーはズームに、スライダーはアイリスに使うのが一般的だ。本機には11個のカスタムボタンがあり、タッチスクリーンの有無にかかわらず操作できる。

TeradekのTOF.1レンジファインダーと組み合わせれば、オートフォーカスのオプションもある。( Teradekは、CineRT FocusBug、CineTape、またはMoon Smart Focusの互換性もリストアップしている)。これは、被写体にフォーカスを合わせ、スレートに「オートフォーカス」を押すのに便利だ。

Teradek RT Ctrl 5
Teradek RT Ctrl 5. Image Credit: Teradek

また、Teradek RT Ctrl.5は、距離測定とともにレンズのデータベースを保持する。

Teradek Ctrl.5. Image credit: Teradek
Teradek Ctrl.5. Image credit: Teradek

カメラコントロール

Teradekのハンドユニットは通常、MDR.XやMDR.Sのようにカメラにマウントされたレシーバーと通信する。しかし、TeradekのレシーバーはRED DSMC3カメラと完全には通信できず、DSMC2のみである。写真はRED Komodoと通信しているところだが、WiFiロゴがアクティブになっている。Ctrl.5にはWiFiが搭載されているので、REDとの通信には内蔵のWiFi 6を使用しているのだろう。

本当に興味深いのは、カメラのページにビデオフィードがあることだ。これはRED Controlアプリと非常によく似た統合のようだ。もしそうなら、ユーザーはこれをプレビューと考えるべきで、ゼロラグフォーカスプリングモニターの代わりにはならない。Bluetoothも内蔵されている。

Teradek Ctrl.5
Image Credit: Teradek

Teradek Bolt 6との統合

Ctrl.5は、Bolt Managerアプリと同じ情報を表示する。これにより、ユーザーは携帯電話に手を伸ばすことなく、デバイスのペアリングや信号強度の確認ができる。

Teradek Ctrl.5 Bolt Manager - Ctrl.5 hand unit and CTRL.OS
Image Credit: Teradek

ユニットの背面には、5ピンのUSBロックコネクターがある。このコネクターはSmallHDモニターに接続し、距離、絞り、距離計情報を表示する。バッテリープレートはソニーNP-FとキヤノンLシリーズバッテリーの両方に対応している。4ピンのAUXコネクターもある。

Teradek Ctrl.5 rear - Ctrl.5 hand unit and CTRL.OS
Teradek Ctrl.5 rear. Image credit: Teradek

Teradek Ctrl.5のインプレッション

Teradekは、ArriのHi-5ハンドユニットに匹敵するハンドユニットを開発するのが遅れていた。Ctrl.5は、映画撮影現場のカメラ部門の「中枢」となる機能を備えているようだ。本当のテストは実行にあるだろう。比較的バグはないのだろうか?OSのすべての 「ページ 」が同じレベルの繊細さで実行されるのだろうか?混雑するWiFiエリアにはどう対応するのか?

価格と発売時期

Teradekは価格も発売日も発表していない。近日発売とだけ明言している。TeradekのCtrl.3は2,999ドル/2,704.78ユーロで販売されており、こちらの方がはるかに高機能だ。

詳細については、Teradekのウェブサイトをご覧ください。

Leave a reply

Subscribe
Notify of

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する