Voltaトップハンドル - バッテリー内蔵のハンドル

Voltaトップハンドル - バッテリー内蔵のハンドル

ほとんどのDSLRとミラーレスカメラでは、ビデオカメラとして使用するためにはそれなりのセットアップが必要だ。ケージやハンドルは操作性の向上に非常に役立つ。また、Voltaトップハンドルでは、小型カメラの一般的な問題である、十分な電源の不足を解決する手段でもある。

Voltaトップハンドル

英国の会社Volta Cinemaは、2019年11月にindiegogoキャンペーンを開始した。いわゆるVoltaトップハンドルは、プレーンなよくあるトップマウントカメラハンドルだが中空シェルを利用しており、着脱できる36Whバッテリーが内蔵されており、Dタップポートを通じて7.2V出力を供給できる。

上記のオリジナルキャンペーンの動画は初期のプロトタイプが表示されていることに注意いただきたい。実際の製品のデザインは少し変更されている。残念ながら、indiegogoキャンペーンは目標を達成できなかったが、市場に出回っている。

主な機能

もちろん、Voltaトップハンドルは、内蔵バッテリーなしでも使用できる。本体はアルミニウムでできており、かなり軽量だ。必要なのは、標準のNatoレール。 Voltaトップハンドルには、ハンドルの前面に3つの1/4インチのネジ穴が用意されている。

Volta Top Handle
image credit: Volta Cinema

36Whのバッテリーを挿入すると、内蔵のD-Tapポートからカメラやその他の7.2Vアクセサリーに給電できる。 36Whは7.2 Vで5000mAhに変換される(標準のキヤノンLP-E6バッテリーは1800mAh)。 Voltaトップハンドルで3倍長く撮影できる。

Volta Top Handle
image credit: Volta Cinema

カメラのメーカーやモデルごとに、さまざまなダミーバッテリーを購入することもできる。VoltaトップハンドルのD-Tapポートでのみ使用可能だ。これらのダミーアダプターのいずれかを、標準のVマウントバッテリーのDタップポートに接続すると、カメラが壊れる可能性がある。

Volta Top Handle
image credit: Volta Cinema

価格と発売時期

Volta Top Handleは、Volta CinemaのWebサイトから直接購入できる。上部のハンドル本体、短いNatoレール、2つの36Whバッテリー、デュアル充電器を含むフルキットは、£140。税金と送料は別。ハンドルだけは£100。 Canon LP-E6(£23)、Sony FZ100(£30)、Sony FW50(£23)、およびPanasonic DMW-BL19E(£22)ダミーアダプターが用意されている。

Volta Top Handle
image credit: Volta Cinema

このハンドルはさまざまなアクセサリーに対しても給電でき、カメラとリモートフォーカスモーターやビデオトランスミッターなど、両方に電力を供給できると便利だ。しかし、多くのデバイスに電力を供給すると、Voltaトップハンドルが大型化し、重くなるので、カメラだけへの給電になっている。

その他の製品

同じような目的の製品は、Blind Spot GearのPower Junkieだろう。標準のSony NP-Fバッテリーを使用し、電源コンセントは1つだけではない。ただし、これはトップハンドルではなく、カメラにトップハンドルを取り付ける場所をブロックしてしまう。したがって、トップハンドルを使用する必要があ場合は、Voltaトップハンドルの方が適している。また別の製品は、Volta Top Handleと同様のコンセプトのSoonwell PH70がある。

links: Volta Cinema

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する