TiltaのNucleus N - 他社ジンバルでも使用できる小型リモートフォローフォーカス

 上のビデオは字幕ON、設定を日本語にすると日本語の字幕をご覧いただけます。

 

TiltaNucleus Nを発表した。手持ちのジンバルスタビライザーやカメラリグ上で、正確で迅速なフォーカシングを行うことができる。

レギュラーサイズのNucleus Mが好評だが、Tiltaはジンバルスタビライザシステムやリグ付きカメラ用に、非常にコンパクトなNバージョンを開発した。

Tilta Nucleus N

コントロールは最大50mの範囲で、ワイヤレスで行うことができる。受信機はカメラの近くに取り付けるが、レンズに取り付けるフォーカシングモーターの電源でもある。モーターはカメラのホットシューに取り付けるが、カメラリグと組み合わせて使用​​する場合はリグに取り付けることもできる。 Tilta Nucleus Nは、Tiltaのものだけでなく、各種のレールシステムで使用することができる。

Tilta Nucleus Nには、Tilta Gravityジンバルでも使用できるバッテリーや、フォーカスコントロールホイールが付いたデュアルハンドルなどのアクセサリーも用意されている。今後、同社はNucleus Nのワイヤレスフォーカスコントロールとトランスミッタデバイスを、Tilta独自のものだけでなく、さまざまなジンバルに使用できるように、付属アクセサリーを用意する予定だ。これは、 Zhiyun CraneやCAME TVのジンバルのユーザーにとって、素晴らしいニュースだろう。

トランスミッターとフォーカスコントロールユニットは最大8時間の連続使用が可能で、長時間の撮影にも対応できる。

Tilta Nucleus Nキット(モーター、トランスミッター、レシーバーを含む)は、約400ドルで、10月末に発売予定。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する