TTArtisanが11mm Fisheye Lensを発売 – 富士フイルムGFXマウント

TTArtisanが11mm Fisheye Lensを発売 - 富士フイルムGFXマウント

TTArtisanは、拡大する富士フイルムGFXカメラ向けに11mm F2.8魚眼レンズを発売した。GFX100、GFX50S、GFX50R、GFX100Sに対応する。

新しい魚眼レンズは、これらのラージフォーマットカメラの人気が高まっていることを証明している。GFX 100や100Sのユーザーであれば、特に動画撮影にも興味を持っているだろう。どちらも4096×2160ピクセルの4K DCIと、2048×2160の2K DCIがサポートされている。また、12ビットのRAWをクリーンなHDMIでNinja Vレコーダーなどに出力することもできる。

GFX100は43.8×32.9mm、103メガピクセルという大きなセンサーを使用しているので、魚眼レンズを使うことで、個性のある映像が撮れる。F2.8に開放して使えば、驚くような静止画や動画効果が得られ、魚眼ポートレートレンズや特殊な航空レンズとしても使えるかもしれない。また、マニュアルレンズではF16まで絞ることができる。

TTArtisan 11mm fisheye
the existing lineup of TTArtisan 11mm fisheye lenses with the new one on the right. Image credit: TTArtisan

TTArtisan 11mm fisheye

光学設計は7群11枚で、TTArtisanは魚眼レンズのエッジの解像度の改善に貢献したとしている。同社は同様の魚眼レンズを、ソニーE、ニコンZ、キヤノンRF、ライカLおよびMマウント用に設計している。価格は215ドルで、TTArtisanのサイトから購入できる。

TTArtisan 11mm Fisheye for the FUJIFILM GFX range of medium format cameras. Image credit: TTArtisan

なお、TTArtisanのウェブサイトには、「11mm F2.8 Fisheyeレンズは、フルフレームフォーマット用に設計されています。そのため、富士フイルムのカメラに装着した場合には、若干のダークコーナーが発生します。」とある。

これにより、ラージフォーマット用の全く新しいレンズではなく、リハウジングに近いものであることが分かる。かなり低い価格の理由でもあるだろう。しかし、GFX 100、GFX 50S、GFX 50R、GFX 100Sのカメラ用に、かなりユニークなレンズを手に入れることができる。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience