Vazenが65mm T/2 1.8x MFTアナモフィックレンズを発表

Vazenが65mm T/2 1.8x MFTアナモフィックレンズを発表

Vazenはマイクロフォーサーズ65mm T2 1.8xアナモフィックレンズを発表した。これで同社の手頃な価格のマイクロフォーサーズアナモフィックレンズのトリオが完成した。

マイクロフォーサーズセット

Vazenは2019年6月にマイクロフォーサーズフォーマット用の3本のアナモフィックレンズを発表したが、今回の発表でトリオが完成したことになる。 65mm T2 1.8xは、3つの焦点距離の中で最長のものだ。

主な特徴

このレンズはVazen40mmと形状が似ている。ほぼ同じサイズで、1.68 kgと重量差が小さく、どちらもT2-T16で、前面直径はどちらも95mmとなっている。(28mmははるかに小さい)

65mmの最も顕著な違いは、最短合焦距離(MFD)が1.09mだが(40mmは0.82m)、これは焦点距離が長いレンズでは正常な値だ。

同じ焦点距離クラスの他のアナモフィックレンズのMFDは、Kowa P + S75mmは1m、Orion65mmは0.8m(どちらもSuper35mmフォーマット)だ。

フィルターの互換性は期待どおりで、前面直径95mm、フィルター径86mm。 0.8 modギアは、フォーカスリングと絞りリングの両方に搭載されている。

主な仕様

  • 焦点距離:65mm
  • 最短フォーカス:3.6フィート(1.09 m)
  • Tストップ範囲:T / 2 – T / 16
  • フロント径:95mm
  • フィルター径:86mm(Vazenステップアップリングを介して95mmまでステップアップ可能)
  • 重量:1.68 kg
  • 寸法:18.5 cm x 10.5 cm
  • マウント:マイクロフォーサーズ(MFT)

1.8xスクイーズデザイン

以前のすべてのVazenアナモフィック(他の2つのマイクロフォーサーズとフルフレームラインの両方)と同様に、Vazen 65mmT2は1.8倍のスクイーズデザインを採用している。

4:3センサーモードはMFTフォーマット内でかなり一般的であり、1.8倍のアナモフィックスクイーズと組み合わせると、適切な結果が得られる。

4:3センサーでの1.8倍のトリミングにより、約2.39:1のアスペクト比が得られる。これは、従来のシネマフォーマットで長年にわたって慣れ親しんできたアスペクト比だ。

16:9センサーの1.8倍のトリミングにより、超横長の最終フォーマットが得られる。

ただし多くの場合、クロップにより解像度が低下する。

トリミングの少ないアナモフィックレンズ、たとえば1.33xは、同じアスペクト比になるが、16:9センサーを使用する。

これは最終的な出力形式に対応するが、アナモフィックスクイーズが少なくなるため、最終的な画像の美的効果が低下する(たとえば、楕円形のボケ領域が少なくなる)。

Vazenは「アナモフィック率と画像の解像度のバランスをとるため、1.8倍のスクイーズを採用しました。 1.8倍は、1.33倍/1.5倍のアナモフィックレンズよりも強いアナモフィック効果を生み出します。」と同社のプレスリリースで述べている。

Vazenは1.8倍のスクイーズが最もバランスの取れたものであると認識している。

価格と発売時期

Vazen 65mm T2 1.8x Anamorphicの価格は40mmと同じで、個別に購入すると3250ドル。 Vazenによると、出荷は既に可能となっている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する