Venus OpticsがLaowa Argus F0.95プライムを発表

Venus OpticsがLaowa Argus F0.95プライムを発表

中国のレンズメーカーVenus Opticsは、中国でのオンラインイベントで、LaowaArgusブランドで販売されている4つの新しいレンズを発表した。 1つはMFTマウント、1つはAPS-C、2つはフルフレームに対応する。

これらのLaowa Argusレンズは、すでにさまざまな噂サイトで語られている。4つのレンズはすべてArgusの名前が付けられており、以下がラインアップされている。

  • MFT: Laowa Argus 25mm f/0.95
  • APS-C: Laowa Argus 33mm f/0.95
  • Full Frame: Laowa Argus 35mm f/0.95と 45mm f/0.95

4つのLaowa Argusレンズはすべて、非常に明るいf /0.95となっている。

Laowa Argus 25mm f/0.95 MTFマウント

25mm MFTマウントなので、フルフレームでは50mmに相当し、f /0.95と明るいレンズだ。 1枚の非球面レンズ、2枚の超低分散レンズ、3枚の高屈折率レンズを含む8群14枚構成。

Laowa Argus 25mm
Laowa Argus 25mm f/0.95 for MFT. Image credit: Venus Optics

また、9枚の絞り羽根と62mmのフィルタ径を持ち、最短合焦距離は25cmとなっている。

Laowa Argus 25mmのサイズは71mmx 86mmで、重量は570g。発売は2021年第4四半期に設定されている。

Laowa Argus 33mm f/0.95 APS-Cマウント

Laowa Argus 33mmはAPS-Cセンサーに対応し、フルフレーム換算で50mm相当の視野となる。マウントはキヤノンEF-M、ソニーE、富士フイルムX、またはニコンZのいずれかを選択できる。

非球面レンズ1枚、超低分散レンズ2枚、高屈折率レンズ3枚を含む9群14枚の構成。

Laowa Argus 33mm
Argus 33mm f/0.95 for MFT. Image credit: Venus Optics

このレンズは9枚の絞り羽根を備えており、最短合焦距離はわずか35mmで25mm MFTバージョンよりもかなり優れている。62mmのフィルター径を備えており、サイズは71.5mmx 83mmで、590gの重さ。 Laowa Argus 33mmレンズは、2021年第2四半期に発売予定。

Argus 35mm & 45mmフルフレーム

これらのレンズは、どちらもフルフレーム対応でf / 0.95と明るく、15枚の絞り羽根を内蔵する。

35mmレンズのサイズは76.8mmx 103mmで、重量は755g。このレンズは、ソニーE、ニコンZ、キヤノンRFに対応し、2021年第2四半期に発売される予定。

Laowa Argus
Argus 35mm & 45mm f/0.95 for full frame. Image credit: Venus Optics

最後にArgus 45mm f / 0.95は、非球面レンズが1枚、超低分散レンズ1枚、高屈折レンズ1枚を含む、9群13枚で構成される。フィルター径と最短合焦距離は35mmバージョンと同じで、サイズは76.8mmx110mm、重量は850gとなっている。マウントはソニーE、ニコンZ、キヤノンRFに対応。2021年第2四半期に出荷予定となっている。

価格は未定。

Link: Laowa website

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する