Voigtlander(フォクトレンダー)が35mm F2.0 APO Lanthar と Ultron IIを発表

Voigtlander(フォクトレンダー)が35mm F2.0 APO Lanthar と Ultron IIを発表

Voigtlander(フォクトレンダー 35mm f / 2.0 APO-Lanthar(ソニーEマウントとLeica Mマウント)と35mm f / 2.0 Ultron aspherical II(LeicaMマウント)の2つの明るいプライムレンズが発表された。いずれもフルマニュアルレンズだ。

フォクトレンダーのプライムレンズは、優れた光学性能を持つフルマニュアルレンズで、フォトグラファーとビデオグラファーどちらにも人気がある。なお、モデルによりEXIFデータ用のホストカメラへの電子インターフェースを備えている。

フォクトレンダー35mm f/2.0 APO-Lanthar

35mm APO-Lantharはフルフレームセンサーに対応し、ソニーEマウントとライカMマウントが用意される。 Eマウントバージョンは、自動レンズ補正と5軸手振れ補正のためのEXIFデータ転送をサポートする。

またEマウントバージョンの独自機能として、ビデオモードでのサイレントアイリス調整も付いている。ただしこれはクリックが無いという意味なのか、単にスムースという意味なのかは不明だ。

Voigtlander 35mm
Voigtlander 35mm APO-Lenthar Leica M (left), Sony-E (right). Image credit: Voigtlander

構成は、5枚の低分散レンズ、2枚の両面非球面レンズ、およびフローティングレンズを含む9群11枚。絞り羽根は12枚で、f / 2.0、f / 2.8、f / 5.6、f / 16で円形の絞りを形成し、円形のボケを可能にする。

このレンズはapochromaticデザインを採用しており、このデザインは色収差レベルを実質的にゼロに低減するとされている。

Eマウントバージョンの重量は352g、直径は62.6mm、長さは67.3mm。ライカMバージョンの重量は304g、直径は55.6mm、長さは58.1mm。

Voigtlander 35mm f / 2.0 APO-Lantharレンズは、来月に約1,150ドルで出荷予定。

Ultron Vintage 35mm f/2.0 Aspherical Type II

Ultron 35mmは、フォトグラファー向けのレンズと思われる。オリジナル(タイプI)バージョンと同じ光学設計だが、簡単に焦点を合わせることができるように改良された焦点「溝」を備えている。もちろん手動だ。 5群8枚のレンズ構成。最短合焦距離は0.58mで、絞りは10枚羽根。

クリック絞りリングやフォーカシングリングなど、すべてが金属でできている。しかし210gと驚くほど軽く、直径は52mm、長さ28.1mm。 フィルター径は39mm。

Voigtlander 35mm
Voigtlander 35mm Ultron aspherical Type II Leica M. Image credit: Voigtlander

Ultronは黒または銀の仕上げで、来月に約850ドルで出荷される予定。

ライカMマウントは、ソニーEマウント、富士Xマウント、ニコンZマウントカメラなど、他のメーカーのモデルにも対応する。

links: Voigtlander (German) | Cosina 日本後)

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する