アドビのビデオ系アプリがProRes RAWをサポート

2020.5.21
アドビのビデオ系アプリがProRes RAWをサポート

アドビは、Premiere ProAfter EffectsAuditionCharacter AnimatorPremiere Rushなど、Creative Cloudビデオおよびオーディオアプリケーションがアップデートされた。このアップデートには、Apple ProRes RAW対応、After Effectsの新しいクリエイティブツール、Character Animatorのワークフローの改善、Premiere Proの高速オートリフレームなどのパフォーマンスの改善をサポートしている。アドビはまた、ソフトウェアのパフォーマンスと安定性を改善したと述べている。

Adobe Announces New Versions of CC Video Apps. Source: Adobe

安定性

Premiere Proでは、その安定性に疑問を持っているユーザーが大変多いのではないだろうか。今回、アドビはバーチャルプレス発表で、アプリのパフォーマンスと安定性を最優先事項と強調した。今回の変更には、更新を頻繁に行うことと、開発プロセスでのユーザーエンゲージメントとフィードバックをより適切に取り込むためのパブリックベータプログラムの導入が含まれている。

同社のビデオアプリケーションは、プラットフォームを越えた幅広いシステムで動作する。ただし、この柔軟性には、ハードウェア、ソフトウェア、オペレーティングシステム、およびGPUのさまざまな構成で安定性の問題が発生するリスクがある。クラッシュの統計と原因に関する同社の調査では、問題の大部分が不十分なハードウェア仕様や古いドライバに起因していることを示している。アドビは、ユーザーが専門知識を持たなくてもシステムの安定を保てることとしている。

System Compatibility Report in Premiere Pro. Source: Adobe

アドビは昨年、Premiere Proでシステム互換性レポートを導入しましたが、これにより、古いドライバーの問題が特定され、安定性が向上した。同社は、システムを正常に保つためのレポート機能を開発する一方で、アプリがドライバーの問題の影響を受けにくくする対策も継続する。

パフォーマンス

アドビは、ガイドラインとして、Premiere Pro、After Effects、Audition、Character Animator、Adobe Media Encoder、およびPremiere Rushのシステム要件を投稿した。Premiere ProおよびAfter Effectsのハードウェア推奨ガイドもある。

また、アドビはさまざまなコーデックの再生時間とエクスポート時間の改善に取り組んでいると述べている。 Premiere ProとAfter Effectsの最新リリースにより、アドビはMacOSおよびWindowsシステムでH.264およびHEVC形式のハードウェアエンコーディングを提供する。

Premiere Pro Performance Improvements. Source: Adobe

Premiere ProはWindowsでのNVIDIAおよびAMD GPUの新しいサポートにより、ハードウェアアクセラレーションでエンコーディングを高速化する。この結果、PremiereのAuto Reframe機能が2倍高速になる。これについては後述する。

以下は、各アプリケーションの新機能。

Premiere Pro

Premiere Pro and After Effects ProRes RAW Support. Source: Adobe

Adobe Premiere ProとAfter Effectsは、Apple ProRes RAWコーデックをネイティブでサポートする。 ProRes RAWは、パナソニックS1HとNinja V記録できるようになり、最近注目を集めている。 Premiere ProでProRes RAWを使用して調整できる機能の1つは露出。

Premiere Pro New Features. Source: Adobe

Premiere Proのその他のアップデートには、次のものがある。

  • ペンツールのベジエ曲線のサポートが向上し、線と形状をより正確に作成できるようになった。フィルター効果は、キーフレームまたは調整されたパラメーターのみを持つ属性を表示するため、ユーザーは現在アクティブな効果に集中できる。
  • 自動リフレームの高速化。同社の人工知能(AI)および機械学習テクノロジーであるAdobe Senseiを搭載したAuto Reframeは、正方形や縦位置のアスペクト比で自動的に再フォーマットや再配置し、ソーシャルメディアやQuibiなどのコンテンツプラットフォームのワークフローを改善する。
  • H.264およびH.265(HEVC)用のWindows上のハードウェアエンコーディングは、NVIDIAおよびAMD GPUで利用可能で、高速なエクスポートを提供する。
  • Creative Cloud Librariesでのオーディオファイルのサポートにより、頻繁に使用するオーディオアセットを保存、整理、共有して、CC Librariesパネルから簡単にアクセスできる。

After Effects

After Effects Offset Paths. Source: Adobe

Adobe After EffectsにはProRes RAWサポートのほかに、次のようなアップデートも含まれる。

  • Tapered Shape Strokesは、モーショングラフィックアーティストにアニメーションとデザインの新しいオプションを提供する。ユーザーは、シェイプレイヤーにテーパー、波状、尖った、または丸いストロークを作成できる。ストロークは、様式化された外観とモーションデザインのためにアニメーション化できる。
  • Concentric Shape Repeaterは、パスのオフセットシェイプエフェクトに新しいパラメーターを提供し、外側または内側に放射するパスのコピーでレトロな雰囲気を作成できる
  • Mask and Shape Cursor Indicatorsは、シェイプやマスクを描画するときに不要なun-doを避けるツールを示す。

Audition

MacOSでは、オーディションだけでなく、すべてのAdobe CC Videoアプリ(After Effects、Media Encoder、Audition、Character Animator、Prelude、Premiere Pro、Premiere Rush)でオーディオハードウェアの自動切り替えが利用できる。オーディオデバイスを変更するときや単にヘッドフォンを接続するとき、OSはハードウェアを認識し、Adobeアプリケーションは自動的にそのハードウェアに切り替える。

もう1つの更新は、改善されたRelink Mediaとオフラインファイルのサポート。

Character Animator

New Background Characters. Source: Adobe

Character Animatorのアップデートには、アニメーションワークフローの効率を高めるためのオーディオトリガーとタイムラインフィルタリングの改善が行われた。また、ユーザーがキャラクターの背後にあるシーンのアニメーション要素をトリガーできるようにする、背景パペットの新しいコレクションもある。

Premiere Rush

Premiere Rush 4:5 Export. Source: Adobe

モバイル編集プラットフォームのPremiere Rushもアップデートされた。

  • FacebookおよびInstagramビデオのフォーマットに一致するように、プロジェクトを自動的に4:5のアスペクト比にサイズ変更できるようになった。
  • iOSデバイスのバックカメラ切り替え(iOS 13および現在のiPhoneが必要)により、選択したバックカメラ(超ワイド、ワイド、または望遠)からPremiere Rush内でキャプチャできる。
  • iOSデバイスのPremiere Rushメディアブラウザーから直接、ファイルアプリからメディアをインポートできる。これにより、デバイスやさまざまなクラウドサービスに保存されているファイルへのアクセスが簡単になる。

価格と発売時期

Adobe Creative Cloudのアップデートの新機能が現在利用可能。Adobe CCサブスクライバーは無料でアップデートできる。

AdobeのWebサイトはこちら

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

Panasonic DC-S1H-K

 

 

Panasonic DC-S1-K

 

 

 

Atomos Ninja V (ATOMNJAV01)

 

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment