Alice Cameraがスマートフォン用11メガピクセルMFTユニットを発表

14 日前
Alice Cameraがスマートフォン用11メガピクセルMFTユニットを発表

Alice Cameraは、新しいコンセプトのスマートフォン用カメラモジュールだ。 マイクロフォーサーズ(MFT)レンズマウントを備えた11メガピクセルマイクロフォーサーズイメージセンサーを搭載し、 AIを採用している。Alice Cameraは英国産で、2021年2月にIndiegogoで発売される。

スマートフォンのみでの撮影か、あるいは交換レンズを追加する方法での撮影は多くのユーザーが行っている。現代のスマートフォンは、かなり優れたカメラを備えているだけでなく、編集までもできてしまう。

一方、photogram.aiは、あらゆるスマートフォンにMFTイメージセンサーとレンズマウントを装備できるAliceCameraと呼ばれるハイブリッドデバイスを開発した。

Alice Camera

先述の通り、Alice Cameraは、ほぼすべての標準的なスマートフォンの背面に取り付けることができる。ボディは厚みがあり、操作性の良いハンドルにより、スマートフォンだけの場合よりも安定した撮影ができる。

スペックはまだ最終的なものではないが、MFTサイズの11メガピクセルクアッドベイヤーHDRイメージセンサー(4.63µmピクセルサイズ)とMFTレンズマウントを使用する。コンパクトなイメージセンサーとレンズで携帯性も良い。さらに、フランジバックが短いため、事実上すべてのレンズをMFTレンズマウントに適合させることができる。

Alice Camera Concept Development. Source: photogram.ai

photogram.aiは英国を拠点とするグループで、センサーの解像度が低い(GH5Sのように)こととQuad Bayer構造により、低照度特性も期待できる。また、トリミングなしで4Kビデオを撮影できる。

カメラは5GHzWiFi経由でスマートフォンにワイヤレスで接続する。 Alice Cameraネイティブアプリは、使いやすいカメラユーザーインターフェイスを提供する。なおファームウェアは、アプリを介してアップデートが可能。更に、オープンソースソフトウェアアクセスが提供され、カスタマイズが可能になる。

Alice Camera Concept User Interface. Source: photogram.ai

スマートフォンを直接実装することで、ソーシャルメディアやライブストリームにコンテンツを即座に共有することが簡単にできる。スマートフォンを180度回転させて自撮り画面を表示したり、カメラモジュールとは別に取り付けることもできる。

Alice Camera Concept. Source: photogram.ai. Somehow, this concept still makes little sense as there is no lens on the mount …?

カメラ本体はアルミニウム製で、MicroSDカードスロットが1つある。充電はUSB-C接続で行う。また、外部マイクを接続するための3.5mmジャックも用意されている。

価格と発売時期

現在、同社のウェブサイトから直接予約することができる。 50ポンドのデポジットを支払った後、最初の100人の顧客は450ポンドで予約できる

Alice Camera Concept. Source: photogram.ai

なお、同社は2021年2月にIndiegogoでクラウドファンディングキャンペーンを開始する予定。キャンペーンのみのカメラ本体の価格は550ポンドになる予定。なお、クラウドファンディングは大幅な遅延や、製品化が中止になるリスクもある。

最後に、本体のみの小売価格は750ポンドになる予定。2021年夏に出荷開始を目標にしている。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する