ANDYCINEがA6 Plus V2モニターを発表

2020.3.30
ANDYCINEがA6 Plus V2モニターを発表

ANDYCINE A6 Plus 4Kモニターシリーズは、波形とベクトルスコープの表示が可能になった新モデルを発表した。またファームウェアのアップデートもリリースする。

ANDYCINE A6 Plus V2 Monitor with scopes.

USB-Cから給電可能に

A6 Plusモニターラインナップの新製品では、USB-C電源入力が可能になり、DC 5Vポータブ電源からモニターに給電できる。 12V DC入力もあり、Dタップなどの電源も使用できる。

The addition of USB-C power supply on the A6 Plus V2 model.

A6 Plus V2は4K入力が可能で、アップデートにより新たに波形とベクトルスコープ機能が追加された。またモニターを垂直にすると、自動的に画像も縦位置になる。

以下は、モニターの主な仕様。

  • 4K HDMI入力および出力(最大4K / 30p)
  • タッチスクリーン操作
  • 450nitの明るさ
  • フルHD(1920×1080)ディスプレイ解像度
  • 波形、ベクトルスコープ、フォルスカラー
  • 内蔵LUTとカスタムLUTをインストール可能
  • USB-C 5VおよびDC 12V電源入力
  • 5.5インチのディスプレイサイズ
  • NP-FおよびLP-E6タイプのバッテリー使用可能

ANDYCINE A6 Plus V2モニターの詳細については、こちらのWebサイトを参照いただきたい。

A6 Plusファームウエアアップデート

A6 Plusモニターのユーザーは、ファームウェアをアップデートして、波形、ベクトルスコープ、自動反転、グリッドモニタリング機能を利用できるようになる。波形とベクトルスコープはプロ用のビデオモニターに必須の機能だ。

ファームウェアの更新プロセスについては、ANDYCINE Webサイトからファームウェアをダウンロードし、以下の手順で行う。

  1. ファイルを抽出し、コピーしてSDカードにセーブ。
  2. ANDYCINE A6 PlusモニターにSDカードを挿入し、満充電されたバッテリーを使用し電源を入れる。
  3. 設定(歯車)メニューで「ファームウェアの更新」を選択する。
  4. ファームウェアの更新が開始され、モニターの電源が数回オン/オフされる。
  5. 数分後、赤いスタンバイランプが点灯する。これで、最新のファームウェアでモニターに更新終了。

ANDYCINEは、将来のファームウエアアップデートで、1:1の正方形や9:16のアスペクトなど、ソーシャルメディア向けのフレームガイドの実装も検討している。

ANDYCINE A6 Plus V2は、低予算で購入できる4Kモニターだ。

 

関連商品

 

ANDYCINE A6 Plus タッチスクリーン 液晶外部モニター 5.5インチ 3D LUT搭載 4Kカメラフィールドモニター HDMI入力/出力 1920*1080 500cd/m² SDカード対応 カメラ用撮影モニター チルトアーム付属 日本語設定

 

ANDYCINE T7 カメラモニター 7インチ IPS HD1920×1200 フィールドモニター 4K HDMI入力/出力サポート 撮影用外部モニター 液晶モニター【 正規品&一年間保証&日本語設定可能】

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment