広告

Atomosの8Kセンサーの開発が完了 – 「Sapphire F8」、フルフレーム、8K60、グローバルシャッター

Atomosの8Kセンサーの開発が完了 - 「Sapphire F8」、フルフレーム、8K60、グローバルシャッター

Atomos Sapphire F8は、オーストラリアのAtomosが開発した新しいフルフレームグローバルシャッターイメージセンサーで、最大8K 60fps、4K 240fps、2K 360fpsで記録撮像できる。また、このセンサーは、8Kモードでの消費電力がわずか2Wと、電力効率にも優れている。Atomosは現在、このセンサーをカメラメーカーに提示している。

外付けレコーダーやモニターで知られるオーストラリアの映像技術企業Atomosは、全く新しい領域に足を踏み入れようとしている。同社は最近、新しい8Kビデオセンサーの開発を完了し、現在、製品化を検討していると発表した。同社は現在、複数のカメラメーカーと、このセンサーを次期カメラに採用することを協議している。自社での製造は行わないが、センサー製造工場と提携したとのことで、センサーの製造工程に入る準備は整っているようだ。

Sapphire F8 sensor. Image credit: Atomos

プレスリリースに含まれる興味深い歴史的考察として、Atomosは5年前にNLEソフトウェアEdiusで知られる放送機器メーカーGrass Valleyから知的財産権と技術チームを買収していることが挙げられる。

実現しなかったAtomosのシネマカメラ

さて、周知の通り、Atomosは自分たちでカメラを作ったことはない。外部カメラレコーダーでは有名だが、ProResのようなコーデックを内部記録できるカメラが増える中、この分野は間違いなく長くは続かないだろう。Atomosがもともとカメラ市場に参入したかったのは、そのためかもしれない。AtomosのCEOであるTrevor Elbourne氏が数日前のPetaPixelのインタビューで明かしたように、同社は数年前に独自のシネマカメラを開発していた。

しかし、Elbourne氏が言うように、結局、開発に時間がかかりすぎたため、Atomosはカメラプロジェクトを中止し、センサーそのものに注力することにした。この決断の背景には、Blackmagic Designがより早く開発を進め、カメラ市場に早く参入することでAtomosを打ち負かしたことがある。そして、同社はこの市場セグメントは飽和していると考えたのだ。

Atomos Sapphire F8センサーのスペック

現時点では、新しいセンサーに関する情報やスペックはあまりない。PetaPixelのインタビューで分かっているのは、Sapphire F8はDCI 8K解像度(8192 x 4320ピクセル)のアスペクト比17:9のフルサイズセンサーで、グローバルシャッター技術を搭載しているということだ。このセンサーは、ノンクロップの8Kを最大60fps、4Kを最大240fps、2K(1080p)を最大360fpsで撮影することができる。

Sapphire F8 sensor. Image credit: Atomos

AtomosのCEOであるTrevor Elbourne氏は、このセンサーは15ストップのダイナミックレンジを持ち、ラインバイライン二重露光(短いラインと長いラインを交互に露光してHDR画像を生成する)を用いたHDRビデオの撮影が可能と述べている。Atomosはさらに、このセンサーがすべての記録モードにおいて12ビットADCのフル解像度を維持するとも述べている。

電力効率 – 発熱が少ない?

興味深いことに、このセンサーは非常に電力効率が良い。Elbourne氏は、8Kキャプチャモードで2Wの電力消費しかないと述べた。低消費電力は通常、発熱の低減と密接に関係しており、熱力学の観点からこのセンサーを比較するのは興味深いことだ。理論的には、アクティブ冷却を必要としない小型のカメラボディが実現できる可能性がある。

Sapphire F8 sensor. Image credit: Atomos

また、イメージセンサーの電力効率が良くなるということは、カメラメーカーがより強力なイメージプロセッサーを搭載できることを意味する。

8Kセンサーはまだ珍しい?

さらにAtomosはプレスリリースで、”8Kコンテンツが遅れているのは、ソニーなどの大手カメラメーカー以外では、8Kセンサー技術を所有していることが極めて稀だからだ “と述べている。現在、すでに8K以上の解像度を記録するカメラはかなりあり、その中には比較的手頃な価格のものさえある。キヤノンR5、R5 C、ソニーa1、ソニーa7R V、富士フィルムX-H2(レビューはこちら)、ブラックマジックURSA 12K、そしてもちろん、複数のREDカメラなどがそうだ。

Currently the most affordable 8K mirrorless camera – FUJIFILM X-H2. Apparently with a Sony sensor inside? Image credit: CineD

Atomosが指摘しているように、ほとんどのセンサーはソニー製だ。したがって、自社でセンサーを開発していない他のカメラ会社が、選択の自由を望むのは理にかなっている。Elbourne氏は、具体的にパナソニックを挙げている。

Atomosが近いうちにいずれかのカメラメーカーと合意に達したとしても、そのセンサーが完成したカメラに搭載されるまでには、まだ何年もかかるかもしれない。しかし、電力効率に優れ、高解像度のグローバルシャッターセンサーが、どのカメラメーカーでも利用できるようになるのは良いことだ。

Source: Atomos, PetaPixel, DPreview

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手