広告

NextorageがAtomX SSDminiを発表 ー AtomosとNextorageの新たなパートナーシップ

NextorageがAtomX SSDminiを発表 ー AtomosとNextorageの新たなパートナーシップ

ストレージソリューションは、レンズやカメラの絶え間ない革新の中で目立たない存在だ。しかし、記憶媒体は常にクリエイティブな活動の基盤となっている。それがなければ、レンズもカメラも意味がない。見過ごされがちな製品カテゴリーにイノベーションを起こすべく、AtomosとNextorageは提携し、Nextorage AtomX SSDminiを開発した。

Atomosは、レコーダーを内蔵したオンカメラモニターを製造している。同社の製品によって、カメラメーカーはより高品質なコーデック、あるいはカメラのRAW映像を外部に出力して記録することができるようになった。これにより、8ビットの世界に閉じこもっていたデジタル一眼レフカメラに、まったく新しい風景が広がった。しかし、このようなデータを記録するには高いデータレートが必要で、多くのメディアストレージでは対応できなかった。

このデータを処理するために、AtomosはSolid State Storage Drive(SSD)を採用した。これにより、ユーザーは他社製のSSDを利用することができるようになった。しかし、多様性にはいくつかの問題もあり、すべてのSSDが同じものではない。そこでAtomosは、ソニーのグループ会社であるNextorageと提携し、メモリーストレージのソリューションを提供することにした。そして、同社が作ったのがAtomX SSDminiだ。

AtomX SSDmini

SSDは、より高速なデータレートに対応できる別のフォームファクターへと進化した。NVMeインターフェースを備えたM.2フォームファクターは、実質的にすべての面でSATA SSDを上回っている。しかし、AtomosとNextorageのSSDはSATAインターフェースを維持しており、Atomosの旧製品でもこの新しいストレージメディアを利用することができる。

The AtomX SSD Mini from Nextorage
The AtomX SSD Mini from Nextorage. Image Credit: Atomos

AtomX SSDminiは、Atomosのレコーダーのために設計されたコンパクトなフォームファクターのSATA SSDだ。Ninja V、Ninja V+、Shogun 7、Neonラインなどの最新世代のレコーダーにぴったりフィットする。アダプターハンドルを使えば、Sumo 19、Ninja CAST、Shogun Studio 2にも対応できる。

確かに、この製品は専用筐体のSSDに過ぎないかもしれません。しかし、プロプライエタリな製品は、短期的な使い勝手の代わりに、将来的な可能性を制限してしまうことが多いというのが歴史の教訓だ。

なぜSSDminiを選んだのか

それは、Atomos製品のために特別に設計されていることに加え、頑丈であることが理由だ。厳しい環境での使用に耐えうる堅牢性がある。AtomosとNextorageは、1500G/0.5msまでの耐衝撃性と、3000回以上の使用に耐えるコネクターを謳っている。少なくとも、同社のテストによると。通常のSSDは、コンピュータの中に搭載されるもので、このような使用には適していない。

The AtomX SSD Mini with a ZCam.
The AtomX SSD Mini with a ZCam. Image Credit: Atomos

すべてのSSDが同じように作られているわけではない。読み書きの要件を満たしていると言っているドライブもあるが、古い設計のドライブの場合、ユーザーはメディアストレージを使用できない可能性がある。その理由を簡単なビデオで紹介している。

一方、AtomosとNextorageは、読取り550MB/s、書込み500MB/sの安定した速度を謳っている。これは市場で最も速いドライブではないが、AtomosとNextorageは、Atomosのレコーダーでサポートされているすべてのコーデックを記録できることを証明している。つまり、AtomX SSDminiは特別なものではないということだ。AtomX SSDminiは、AtomosとNextorageが制作のニーズに応えることを保証した、頑丈なドライブなのだ。

必要性

ソリッドステートメディアの信頼性は常に問題となっている。確かに回転するハードディスクよりも信頼性は高いが、トレードオフの関係にある。SSDストレージは、気が遠くなるほど複雑な技術だ。AtomX SSDminiは、ストレージのあり方を変えるものではなく、すでに堅牢な技術をAtomos製品用に改良したものだ。Atomos製のレコーダーのユーザーは、選択肢のひとつとして検討できる。

しかし、500GBで229ユーロ、1000GBで439ユーロ(496ドル)と、予算的にはベストな選択肢とは言えない。AtomosやNextorageが述べているように、ユーザーは信頼性や堅牢性にお金を払っている。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する