ソニーがAtomX対応のSSDminiドライブを発表

2018.12.16
ソニーがAtomX対応のSSDminiドライブを発表

ソニーはAtomXに対応するSSDminiドライブを発表した。 500GB、1TB、2TBの3種類の容量があり、 Atomos Ninja Vモニターレコーダー用に設計されている。

SSDmini

Atomos Ninja Vは小型化を達成するため、特殊なSSDが使われている。通常のサイズのものも使用できるが、ユニットからかなりはみ出してしまう。 なお、AngelbirdはすでにAtomX用のSSDminiドライブを発売している。

SSDmini

AngelbirdのAtomX SSDmini ドライブ

サムスン850 ProやWestern Digital WD Blue PC SSDのような通常のサイズのSSDではなく、ミニサイズのSSDなら筐体に完全に収納でき、これに対応するSSDが複数のサードパーティから発売されている。

ソニーのAtomX用SSDminiドライブ

AngelbirdのSSDは500GBと1TBが用意されているが、ソニーはこれらに加え2TBも用意した。最大550MB / sの読み取り速度と最大500MB / sの書き込み速度を実現しており、サイズは80.0 x 75.5 x 7.8mm、重さは88gで3種類とも同じ仕様だ。 SSDはSATA 3(6Gbps)でAtomosのモニターレコーダーと接続する。

SSDmini

Atomosモニターレコーダーで選択できるすべてのコーデックは、SSDminiドライブでサポートされている。 Atomosによると、新しいソニーのドライブは(Angelbird SSDminiドライブやその他の対応ドライブも同様に)、10ビットProRes raw HQ @ 4K 50 / 60pまたはProRes HQ / DNxHR @ 4Kp60 / 2K 240pで記録することができる。

利点と欠点

これらのソニー製AtomX SSDminiドライブは、サイズがNinja Vモニター/レコーダーに完全に対応していることが利点だが、 Atomos Sumo 19モニターレコーダーなど大きな筐体の製品では短かすぎることになる。その場合には、Atomos SSDminiアダプタが必要となる。大きさが異なるモニターレコーダーでSSDを共有する場合、多少面倒だ。

SSDmini

Atomos adaptor handleを装着した状態

記録したSSDは、そのままパソコンに挿入して編集を始めることができるため、作業のスピードアップが期待できる。ただし、バックアップを取っておくことを忘れないようにしたい。

SSDmini

Links: Atomos compatibility chart

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

Atomos Ninja V (ATOMNJAV01)

 

 

 

 

Atomos Sumo (ATOMSUMO19)

 

 

 

 

Angelbird ATOMXMINI500PK

 

 

 

 

 

Angelbird ATOMXMINI1000PK

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment