Atomosがシグマfp でProRes RAW記録をサポート

Atomosがシグマfp でProRes RAW記録をサポート

Atomosはシグマfpファームウェア2.0で、HDMIを介してDCI 4K24pまたはUHD 4K30pでProRes RAWをNinja Vに記録することを発表した。また、fpは、HDで120fpsのRAWビデオをHDMIから出力できる世界初のミラーレスカメラとなった。

AtomosSIGMAFP_Featured

Image credit: Atomos

Ninja VでfpからのProRes RAWを記録

Atomosはシグマのfp 2.0ファームウェアアップデートを受け、HDMIを介して、ProRes RAWをNinja Vで記録すると発表した。 ニコンZ6、ソニーFX9、そして最近ではZ CAM E2に続いて、ProRes RAW記録機能をサポートする。

AtomosSIGMAFP_01

Image credit: Atomos

このアップデートでは、シグマのfpとAtomosのNinja Vの組み合わせにより、最大でDCI 4K 24pまたはUHD 4K 30pで ProRes RAWを記録できる。撮影はfpのフルフレームセンサー全体を使用して、クロップなしで可能。また、HDでは最大120fpsで記録できる。

コンパクトなfpとNinja Vを組み合わせると、ProRes RAWを記録できる最小のカメラシステムになる。これによりジンバルでの使用や、手頃なPOV /クラッシュカメラとして使用できる。

AtomosSIGMAFP_03

Image credit: Atomos

Ninja Vは、fpの標準8ビットHDMI出力から、最大4K 29.94pのProRes 422およびDNxビデオを記録することもできる。またNinja Vは同様にHDで最大120fpsの記録が可能で、美しいスローモーションを可能にする。ProRes RAWや標準のビデオファイルはNinja VのAtomX SSDミニSATAドライブに記録される。

Ninja VはAtomOSアップデート(無料)が必要で、これは2020年夏にリリースされる予定。

AtomosSIGMAFP_02

Image credit: Atomos

ProRes RAWサポートの今後

Adobeをはじめ、多くのNLEがProRes RAWをサポートしている。 ProRes RAWは、Final Cut Pro X はもちろん、ASSIMILATE SCRATCH、Colorfront、FilmLight Baselight、 Avid Media Composer、Grass Valley Ediusなどのアプリでもサポートされている。

Atomosやシグマをはじめ多くのメーカーがProRes RAWサポートを行っている。 ProRes RAWはNLEでのサポートに応じて、カメラにも普及し始めているようだ。

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

 

SIGMA fp&45mm F2.8 DG DN kit

 

 

Atomos Ninja V (ATOMNJAV01)

 

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する