AtomosがNeon用8K Master Control Unitオプションを発表

AtomosがNeon用8K Master Control Unitオプションを発表

シネマモニターレコーダーの新シリーズ Atomos Neonは、新しいマスターコントロールユニットにより、最大8K ProRes RAW/60fpsレコーディングが可能になる。これにより、Neonシリーズは、世界初の8K ProRes RAWモニターレコーダーとなる。

Atomos Neon can record 8K

Cine Gear 2019で、Atomosは新しいモニターレコーダーのラインアップNeonを発表した。これらのディスプレイは、Atomos初の大型モニターで、新しいカテゴリーの製品だ。Neonモニターはすべて、真の10ビットディスプレイを備えている。ネオンシリーズで最小のモデルは17インチスクリーンで、フルHD解像度を備えている。 24インチと32インチのNeonモニターには4K DCIディスプレイ(4096 x 2160ピクセル)が搭載されている。最も大きい55インチのNeonはUHD解像度(3840 x 2160ピクセル)を持つ。Neonについては、AtomosのCEO、Jeromy Young氏とのインタビュー記事も参照いただきたい。

17インチと24インチのモニターはそれぞれ3,999ドルと6,499ドルで、2019年7月に発売される予定。55インチは9月上旬の出荷予定。31インチの価格は7,999ドル、55インチは16,999ドルとされている。

The Family of Atomos Recorders

8K ProRes RAW記録

Atomos Neonモニターには、ShogunなどのAtomosモニターレコーダー同様、​​4K記録ができる4Kマスターコントロールユニットが付属する。

しかし、Atomosはさらに、すべてのNeonを8Kレコーダーにアップグレードできる新しい8Kマスターコントロールユニットを発表した。これにより8K /60 fps記録が可能になる。 ProResとProRes RAWはどちらもカメラセンサーから直接記録される。

Atomos Neon Control Unit

Neonと8K Master Control Unitにより、世界初の8K ProRes RAWモニターレコーダーが実現された。新しく発表されたMac Proと組み合わせると、8K ProRes RAWファイルを扱うのに十分なパフォーマンスを持つ組み合わせとなるだろう。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する