AtomosがNinja Vのファームウエアをプリリリース - 富士フイルムGFX100およびシグマfpに対応

AtomosがNinja Vのファームウエアをプリリリース - 富士フイルムGFX100およびシグマfpに対応

Atomosは、富士フイルムGFX100およびシグマfpカメラからの12ビットProRes RAW映像を記録するNinja Vのベータファームウェアをプレリリースした。無料でダウンロードできる。

数日前、AtomosはパナソニックLUMIX S1HフルフレームミラーレスカメラのProRes RAW映像に対応するファームウェアアップデートをリリースした。現在、Atomosは、Ninja VがfpおよびGFX100のProRes RAW映像を記録できるファームウェアアップデート(今回はプレリリースベータ版)をリリースした。

GFX100のProRes RAW

AtomOSアップデートにより、GFX100のラージフォーマットセンサーで撮影した12ビットProRes RAWの映像信号をNinja Vで記録できるようになる。GFX100のドキュメンタリー「カメラの誕生」(パート1およびパート2)とGFX100のファーストインプレッションはこちら。

FUJIFILMGFX100_01
Image credit: CineD

私たちの知る限り、GFX100での外部記録は最大4K UHD/29.97pまで。ただし、内部と外部で同時に記録することが可能。外部記録の詳細については、GFX100ファームウェアアップデートに関する記事を参照いただきたい。

Atomosは、ProRes RAW映像素材付きのGFX100に関する詳細情報を公開している。

シグマfpのProRes RAW

シグマfpは、最も小さなフルフレームミラーレスカメラだ。(詳細はこちら)。 fpは内部でCinemaDNG RAWでも記録できるが、HDMI RAW出力をNinja VでProRes RAWで記録できる。 Atomosは2020年6月に発表した。

AtomosSIGMAFP_01
Image credit: Atomos

Ninja V AtomOS v10.53プレリリースベータでは、ProRes RAWで最大DCI 4Kで24 fps、UHD 4Kで30 fps、フルHD で120fpsで撮影できる。

GFX100と同様に、Atomosは、fpのProRes RAWに関する詳細情報を公開している。

ProRes RAWのNLEサポート状況

以前の記事にあるように、フォーマットとしてのProRes RAWは確かに利点があるが、実際の有用性は編集ソフトウェア(NLE)の対応がポイントになる。

ProRes RAWはAppleのコーデックであるため、Final Cut Pro Xでは完全に対応されている。その他のNLEでは、Adobe Premiere Pro、ASSIMILATE SCRATCH、Colorfront、FilmLight Baselight、Grass Valley Ediusが対応している。ただし、Adobe Premiere Proは、現時点では限られた機能のみ対応となっている。

DaVinci Resolveの場合、ProRes RAWファイルを、たとえばProRes 4444などの別のものにトランスコードする必要がある。もちろんこの場合、RAWの柔軟性は失われる。 Resolveが近い将来ProRes RAWのネイティブにサポートすることを期待する。

リリース時期

AtomOSファームウェアアップデートV10.53 Betaのプレリリースは、AtomosのWebサイトから無料で入手できる。ただし、ファームウェアの更新を要求する電子メールをAtomosに送信する必要がある。最終バージョンは、通常通りダウンロードできる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する