広告

Avid NEXIS|EDGE-リモート編集が簡単に

Avid NEXIS|EDGE-リモート編集が簡単に

Avid Technologyは、Avid NEXIS|EDGEのリリースにより、リモート編集をより簡単にすることを目指している。この新しいソリューションは、エディターやプロデューサーがどこからでもメディアにアクセスできるよう、プロキシ・ワークフローを自動化するもの。また、Media Composerだけでなく、PremiereやGoogle Chromeでも動作する。

NEXISは、基本的にビデオ・ポストプロダクションのためのAvidによる高性能NASソリューションだ。同じネットワーク上にいる複数のエディターが、同じメディアやプロジェクト・ファイルに確実にアクセスできるようになる。

Avid NEXIS|EDGEは、実在のプロダクション・ハウスを超えて信頼性を高め、どこからでもチームが共同作業を行えるようになる。

Image credit: Avid

Avidの “Work from Anywhere “ソリューションは、プロキシ/ハイレゾメディアのペアである「兄弟メディアフォーマット」に依存している。 Avid Media Composerは、ハイレゾとプロキシ間のアクティブなスイッチングを処理する。再リンクや適合は不要で、切り替えはほぼ瞬時に行われる。

Image credit: Avid

新しい再生ボタンのドロップダウンメニューでは、ハイレゾのみ、プロキシのみ、プロキシ優先、ハイレゾ優先を選択することができる。これは、多くの高解像度コンテンツを扱う社内での作業スピードアップや、外出先でのメディアの持ち運びに有効だ。

リモートAvid NEXISクライアント

Image credit: Avid

新しいリモートAvid NEXISクライアントは、安全なVPN経由で施設のNEXISに接続することができる。このクライアントは、Wi-Fiや家庭のインターネット接続の予測不可能性に対応するのが最大の特徴だ。

ログオンすると、ユーザーはMedia Composerで、またはAvidのNEXIS | EDGE Browserからプロジェクトを起動することができる。

NEXIS|EDGEブラウザー

Image credit: Avid

NEXIS|EDGEブラウザーは、NEXISシステム内の全コンテンツを閲覧できる簡易型アプリケーションで、Media Composerのライセンスを必要とせず、クリップのレビューやマーク、シーケンスのコンパイル、ビンの作成などを行うことができる。

新しいメディアコピーワークフロー

Image Credit: Avid

リモートワークにおけるNEXIS EDGEの最大の魅力は、オフラインで作業できることだ。

Media Composerの新しいコピー・ワークフローでは、プロキシ・メディア、レンダー、ビンをローカル・ドライブにプルダウンすることができる。このワークフローでは、クリップを切り詰めたり、再リンクが必要な新しいメディアを作成する必要はない。

どこからでもできる共同リモートビデオ編集

リモートワークで最も難しいことのひとつが、チームでの作業だ。私は過去9年間リモートエディターとして、さまざまなドキュメンタリーやリアリティシリーズに携わる中で、利用可能なあらゆるソリューションを試してきた。

現在、私たちが使っている標準は、社内や仮想マシンにリモート接続するRGSソリューションだ。これまでのところ、これは最良のソリューションだが、自宅では高速の有線接続が必要となる。

昨年、HedgeはPostlab for Media Composerを発表したが、これは実質的にAvid NEXISをクラウド化したようなものだ。

NEXIS EDGEは、さらに一歩進んで、Media Composer内で必要なすべてのコンテンツに簡単にアクセスし、ダウンロードできるようにした。エディターは、インターネットが切れる心配もなく、レビューのためにシーケンスを送信する際に再リンクに悩まされることもない。

新しいAvid NEXIS | EDGEソリューションの詳細については、Avidのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手