ブラックマジックデザインがカメラファームウェアアップデート7.2.1をリリース

ブラックマジックデザインがカメラファームウェアアップデート7.2.1をリリース

Blackmagic Designは、 URSA Mini Pro 12Kなどシネマカメラのソフトウェアを含む、カメラユーティリティのアップデートをリリースした(最初の記事はこちら)。 Blackmagic Camera 7.2.1アップデートは、マイナーな問題点の修正を行っている。

このアップデートをインストールすると、Blackmagic RAW Player、Blackmagic RAW Speed Test、Blackmagic RAW SDK、Blackmagic RAWプラグインもシステムにインストールされ、1回のインストールで更新される。

URSA Mini Pro 12Kは、小型軽量のドキュメンタリーカメラではないが、FXや特殊なワークフローに適している。そのため、最新のアップデートを施しておくと、作業の効率化に役に立つ。

Blackmagic Camera
Image credit: Blackmagic Design

Blackmagic Camera 7.2.1アップデート

このアップデートでは、URSA Mini Pro12Kシネカメラのマイナーな問題が修正されている。下は修正点。

  • 撮影残り時間表示の改善。
  • フォーカスアシストのしきい値が改善。
  • 生産性向上のための更新。
  • 一般的なパフォーマンスの向上。

これはそれほど多くないように思われるが、 URSA Mini Pro 12Kのユーザーであれば、これらのアップデートは有用だ。残りの撮影可能時間の読み取りを改善することは常に有用で(特に12Kの解像度で撮影する場合)、ピークしきい値の微調整も非常に便利だ。

カメラのアップデート

カメラをCamera4.0以降からアップデートする場合は、プリセットとLUTをカードにエクスポートすることをお勧めする。これらは、このアップデート中に削除される。このアップデートに限らないが、機材をアップデートする前にバックアップを行うことをお勧めする。

macOS 10.15(Catalina)とmacOS 11.1(Big Sur)の両方がサポートされており、Windows は1064ビット以降に対応している。

Link: ブラックマジックデザインサポートページ

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する