Came-TVのProphetとSpry - 二つの新しいジンバルを発表

2017.10.12
Came-TVのProphetとSpry - 二つの新しいジンバルを発表

Came-TVは新しい小型カメラとスマートフォン用のジンバル、ProphetSpryを発表した。これらのジンバルは、さまざまなカメラに対応できるようリムーバブルヘッドを備えている。

B

Came-TVはNABでこれらのジンバルを発表したが、これらの新製品は今年後半に出荷予定だ。

Came-Tv Prophet

Came-Tv Prophetは、DSLRカメラやミラーレスカメラ用に設計された3軸ジンバル。デザイン面では、 CAME-TV Argoの後継となる。

Argoとは違い、Prophetは片手グリップを標準装備している。しかし、ジンバルヘッドが交換可能で、4軸の手振れ補正ができる両手ハンドルバー、Orbit-Two Ring、Tesseraハンドルなど、必要に応じてマウントを購入することができる。

Came-TV Prophet

The Came-Tv Prophet in its various confirurations.

Prophetのモーターは360°回転が可能で、サイドのパンモーターはカメラのパンを柔軟に行うことができる。重量に関しては、Prophetの片手バージョンは1.65kgで、最大耐荷重は3kg。

ソニーのBP型バッテリーで稼働でき、1回の充電で最大10時間まで動作させることができる。

Came-TVジンバルはManfrotto 501PLクイックリリースプレートシステムとも互換性があり、三脚からジンバルへの移動では、プレート交換をする必要が無く、非常に効率的だ。

Came-TV Spry

The Came-TV Spry in its various configurations.

一方、スマートフォンや小型のカメラ用に、 Came-TV Spryが用意されている。 Prophetと同様、Spryは柔軟性を重視しているが、ハンドルの種類を変更するのではなく、カメラに応じてさまざまなマウントが用意されている。

Came-TV Spryには、ソニーのRX100など、最大重量が約500gのサイズのカメラ用のマウント含まれる。ソニーのカメラに対しては付属のケーブルを接続して、ジンバ​​ルのハンドルにある4つのボタンで、ズーム、フォーカス、フォトシャッター及びビデオ記録のスタート/ストップをコントロールできる。

Came-TV Spry with the Sony RX100.

Spryには、GoPros用のアクションカムマウントと、スマートフォン用のクランプも含まれている。BT Shutterアプリを使用して、Bluetoothでカメラをリモートコントロールできる。このアプリはAndroidとiOSの両方でサポートされている。

SpryはProphet同様、360度の動きが可能で、カメラの左右どちら側でも設定できるパンモーターを備えている。

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する