キヤノンがフルフレームのEOS C700 FF 5.9Kを発表

キヤノンがフルフレームのEOS C700 FF 5.9Kを発表

キヤノンがEOS C700 FFを発表した。これはCinema EOSの頂点に君臨するフラッグシップカメラで、今回フルフレームを搭載した。次世代のフルフレーム38.1 x 20.1mm CMOSセンサーを使用し、同社によれば5.9Kを最大15stopのダイナミックレンジで記録することができる。

3種類のセンサーモード

C700FFの主な特徴の1つは、フルフレーム、super35mm(クロップ)、super16mm(クロップ)の3つのセンサーモードを備えた最新の高解像度フルフレームセンサー(38.1 x 20.1mm)が搭載されていること。これにより、プロダクションやオペレーター(DP、フリーランサー、放送事業者)など広い範囲のユーザーは高画質で柔軟性の高い撮影ができる。

Canon C700 FF – Canon goes Full Frame with their new flagship camera.

5.9K/60fps RAW

EOS C700 FFは5.9K/60fps RAW、4K(クロップ)/72fps、2K/168fps(クロップ)で記録でき、5.9K RAW、または4K ProResファイルをオプションのCODEX CDX36150で記録できる。さらに、デュアルCFast 2.0カードにProResまたはXF-AVCフォーマットで4Kを記録することもできる。これら複数の記録フォーマットにより、非常に多様で柔軟なワークフローが可能になる。

キヤノンは、C700同様、PLとEFマウントのバージョンが存在するかどうかについては明らかにしていない。おそらく従来同様交換可能と思われるが、サービスセンターで行うことになるだろう。

デュアルピクセルAF

キヤノンのEOS C700 FFは、最も優れたビデオAFのひとつであるデュアルピクセルAF技術を使用しているので、信頼性の高いオートフォーカスが期待できる。

Canon EOS C700 Full Frame Cinema Camera (Cinema Locking EF-Mount)

主な機能

  • 5.9KフルフレームCMOSセンサー
  • 15stopのダイナミックレンジ
  • キヤノン画像サイエンス
  • 幅広いレンズオプション
  • フルフレーム、super35mm、super16mm
  • キヤノンEFマウントを搭載した高精度で信頼性の高いデュアルピクセルCMOS AFシステム
  • Canon Cinema RAW、ProRes、XF-AVCなど、複数の記録フォーマットをサポート
  • NDフィルタ、IPストリーミング機能を内蔵

 

Canon EOS C700 FF Full Frame camera with the Codex recorder at the back.

C700は継続するか?

キヤノンによれば、EOS C700 FFは、EOS C700の上位に位置するEOS Cinemaシリーズの最高峰のもので追加機種であり、C700FFの投入によりディスコンになる機種はない、とのこと。

価格と発売時期

C700 FFの価格はオープン(米国では33,000ドル)で、2018年7月中旬に発売の予定。

CN-E 20mm T1.5LFシネマプライムレンズ

さらに、キヤノンは20mm Cinema Prime T1.5レンズも発表した。以下はその主な仕様。

  • フルフレームとsuper35mmセンサーをカバー
  • 11枚の絞り羽根
  • フォーカスブリージングはほぼゼロ
  • 鏡筒の両側のマーキング
  • リアマーキング
  • 滑らかで無段階の300°フォーカスリング
  • ギヤード手動アイリスリング
  • 114 mmのフロント径、300°のフォーカス回転角、およびフォーカスとアイリスのギア位置を共通化
  • 防塵ハウジング

C700 FF5.9Kフルフレームセンサーにより、浅い被写界深度やより広角の映像が撮れるようになった。ソニーVenice、 ARRI ALEXA LF、RED Monstroセンサーに対抗するセンサーをキヤノンも手に入れた。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する